新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

自民党と立憲民主党の会談、国会審議への復帰は見送りに!柳瀬氏らの参考人招致で対立


5月7日に自民党と立憲民主党が会談を行いましたが、両党の意見は平行線状態のままで野党の国会審議復帰は見送りになりました。

野党側は柳瀬元総理大臣秘書官らの参考人招致を条件に提案するも、自民党は柳瀬氏以外の参考人招致は拒否したと見られています。結果的に両党の意見は折り合わず、野党の審議拒否状態は継続となりました。

自民党から見ると、野党不在のまま一気に関連法案を強行採決する機会ともなり、時間を稼ぐことで森友文書問題や加計問題を風化させることが出来ます。
世論の批判から野党は国会審議復帰の方向で模索しているようですが、この状態になると野党の方がかなり辛い部分が大きくなってくると言えるでしょう。

 

自民と立民の国対委員長が会談 審議復帰折り合わず
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180507/k10011429481000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002


立憲民主党など野党6党が、国会審議を欠席している中、自民党と立憲民主党の国会対策委員長が会談し、自民党は野党側が証人喚問を求めてきた柳瀬元総理大臣秘書官を参考人招致する考えを示し、審議への復帰を促しましたが、折り合いませんでした。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!