新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【悲報】三年前の年金情報流出事件、125万件が時効に・・・ Torで警察の捜査が難航

*日本年金機構
2015年5月に日本年金機構から約125万件の個人情報が流出した騒動で、5月20日に不正指令電磁的記録供用容疑の公訴時効(3年)となることが分かりました。

警察は漏れたデータから犯人の捜索を行っていましたが、通信先を匿名化する通信ソフト「Tor(トーア)」などで捜査が難航。そのまま犯人が分からないまま、今回の時効を迎えたと報じられています。

Torとは接続経路の匿名化を実現するための規格であり、10年以上前から存在しているものです。Tor関連はアメリカと中国が激しい攻防をしていたことでも有名で、日本は諸外国と比べてITに弱いことが浮き彫りになったと言えるでしょう。

また、時効の期限に関してもネット上では疑問の声が多く、「もっと長くするべき」と指摘を受けていました。

 

<年金情報流出>125万件時効 匿名ソフトが捜査の壁
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180520-00000005-mai-soci

 日本年金機構が2015年5月にサイバー攻撃を受け、約125万件(約101万人分)の個人情報が流出した事件は、20日午前0時に不正指令電磁的記録供用容疑の公訴時効(3年)が成立した。警視庁公安部は犯人の特定に向けて同容疑で捜査を進めたが、通信先を匿名化する通信ソフト「Tor(トーア)」などが壁となった。公安部は21日に容疑者不詳のまま同事件を書類送検し、捜査を終結する。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!