新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

福島第一原発で男性作業員が死亡、嘔吐を繰り返して倒れる!病名は非公開!東電「因果関係は不明」

*東京電力
6月6日に福島第一原発で作業中だった50代の男性作業員が死亡したことが分かりました。

東京電力によると、この男性は6日午前8時から汚染水用タンクの塗装に使う足場の解体作業に従事し、休憩時間の午前10時過ぎ頃から嘔吐を繰り返していたとのことです。
そして、午後1時45分ごろに敷地外の事務所で同僚と会話していた際に倒れ、午後4時には緊急搬送された双葉医療センターで死亡が確認されました。

詳しい死因は不明で、原発作業との因果関係も分からないと発表されています。作業前に行われた健康チェックでは大きな問題はなく、健康扱いでそのまま作業を続けていたみたいです。
福島第一原発では高い放射線と日常的に接していることもあり、良く分からない症状で体調不良になる作業員が相次いでいます。

 

東京電力 日報
http://www.tepco.co.jp/press/report/2018/1495829_8983.html

6月6日午前中に発電所構内で作業していた協力企業の作業員の方が、作業終了後に大熊町内の事務所へ戻り、その後午後1時45分頃、同事務所内で倒れ意識不明の状態となりました。ただちに緊急搬送したものの、同日午後4時2分、お亡くなりになられました。ご冥福をお祈り申し上げるとともに、亡くなられた方のご家族へ、お悔やみ申し上げます。

福島第1原発 作業員が死亡 嘔吐後に敷地外で倒れる
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180606-00000574-san-soci

 東京電力は6日、福島第1原子力発電所(大熊、双葉町)で、協力企業の50代男性作業員が作業後に敷地外で倒れ、搬送先の病院で死亡が確認されたと発表した。死因や作業との因果関係は不明としている。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!