新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

米朝首脳会談の合意文書、全文を公開!拉致問題への言及はゼロ!安倍首相が直接交渉を決意へ


6月12日に行われた米朝首脳会談の合意文書の全文が公開されました。大きな点は北朝鮮の体制保証、朝鮮半島の完全非核化に向けた協力、米朝関係の改善、朝鮮半島時代の遺品などの返還です。

ただ、全文を読んでみても日本の拉致問題を含めた周辺諸国への言及はほぼ無く、あくまでもアメリカと北朝鮮、朝鮮半島関連での合意になったという印象があると言えるでしょう。
核兵器の完全破棄に関しても具体的な方法はこれから議論する予定で、まずは枠組み作りで双方が合意した形となりました。

トランプ大統領は会談後の記者会見で「拉致問題について安倍(晋三)首相が重要と考えている。非核化もそうだ。首脳会談の中でもちろん提起した。共同声明には盛り込まれていないが、これから協議を行っていく」とコメントし、拉致問題も話したと明らかにしています。
日本の拉致問題が合意文書に含まれるとしても、それはまだ先の話になりそうです。

一方で、今回の首脳会談を受けて日本側は、「わが国自身が北朝鮮と直接協議して解決する、安倍晋三首相が金正恩朝鮮労働党委員長と直接交渉する決意に変わりはない」とコメントを発表していました。
安倍晋三首相は北朝鮮の金正恩委員長との直接対話を望んでいるようで、日本も遅れながら日朝首脳会談の実現に向けて動き出すと見られています。

 

CNN 米朝首脳会談 合意文書
https://edition.cnn.com/2018/06/12/politics/read-full-text-of-trump-kim-signed-statement/index.html

トランプ大統領「拉致問題、提起した」
http://mainichi.jp/articles/20180613/k00/00m/030/029000c

トランプ米大統領は12日午後(日本時間同)の記者会見で、米朝首脳会談で日本人拉致問題を提起したと明らかにした。
トランプ氏は「拉致問題について安倍(晋三)首相が重要と考えている。非核化もそうだ。首脳会談の中でもちろん提起した。共同声明には盛り込まれていないが、これから協議を行っていく」と述べた。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!