新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

「日本の科学技術が急激に弱体化」、政府が白書を閣議決定!世界4位から9位に転落!

*官邸
政府は6月12日に2018年版の科学技術白書を閣議決定し、その中で日本の科学技術の低下を認めました。閣議決定された白書では2004年の6万8000本をピークに日本の論文数が激減していると指摘しており、2015年は6万2000本になったと発表。

これは5倍に激増した中国の24万7000本やアメリカの27万2000本よりも大幅に少ない数字で、日本の科学技術の低下が顕著になっている証拠だと言えるでしょう。

研究の影響力を示す論文の引用回数でも、日本は2003~2005年の5.5%(世界4位)から、2013~2015年は3.1%(9位)に転落しています。

政府が大学への支援金などを削減していることや、大学の講師らに派遣が増えて不安定化している点も、日本の低下に拍車をかけたと見られているところです。

 

日本の科学技術「力が急激に弱まった」 白書を閣議決定
https://www.asahi.com/articles/ASL66539WL66ULBJ005.html

 政府は12日、科学技術について日本の基盤的な力が急激に弱まってきているとする、2018年版の科学技術白書を閣議決定した。引用数が多く影響力の大きい学術論文数の減少などを指摘している。

白書によると、日本の研究者による論文数は、04年の6万8千本をピークに減り、15年は6万2千本になった。主要国で減少しているのは日本だけだという。同期間に中国は約5倍に増えて24万7千本に、米国も23%増の27万2千本になった。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!