新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【大阪地震】小学校のブロック塀倒壊問題、3年前から専門家が危険性を指摘!高槻市教委は安全と断定


6月18日の大阪地震で小学校のブロック塀が倒壊し、4年生の女子児童が死亡した問題で、数年前から危険性が指摘されていたことが分かりました。

報道記事によると、ブロック塀の危険性を指摘していたのは外部の専門家で、3年前に指摘を受けて小学校の校長は市の教育委員会に調査を依頼し、安全だという回答を受けていたとのことです。
調査を行ったのは建築士の資格のない職員で、高槻市の教育委員会が安全と判断したことでそのままブロック塀が放置されたと報じられています。

樽井弘三教育長は「日常の見回りの中の一つとしか考えておらず、認識が甘かった。以前の調査を生かして倒壊を防げなかったのは痛恨の極みで、残念でならない」とコメントして釈明していました、

今回の問題を受けて箕面市は小中学校のブロック塀をすべて撤去すると発表。政府の方もブロック塀の建設問題で対応を検討中で、騒動は波紋を広げているところです。

 

ブロック塀倒壊 危険性指摘も安全と判断 高槻市教委
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180622/k10011490581000.html?utm_int=all_side_ranking-social_003

今月18日の地震で小学校のブロック塀が倒壊し、4年生の女子児童が死亡したことについて、大阪 高槻市の教育委員会は、外部の専門家が危険性を指摘していたにもかかわらず、建築士の資格のない職員がおととし調査を行い安全だと判断していたことを明らかにし、認識が甘かったと謝罪しました。

大阪 箕面市 小中学校のブロック塀すべて撤去へ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180622/k10011490671000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002

今回の地震で、震度6弱の揺れを観測した大阪 箕面市では市内の公立の小中学校に設置されたブロック塀について児童や生徒の不安を取り除きたいとして、すべて撤去する方針を固めたことが市への取材でわかりました。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!