新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

サッカーW杯・ポーランド戦の日に強引な採決!政府与党が意図的に狙う!山本太郎議員ら抵抗するも・・・

*官邸
本日6月28日はサッカーワールドカップのポーランド戦です。日本チームにとっては一次リーグを突破することが出来るかどうかの重要な試合となり、世界中のファンが注目している一戦となっています。

しかしながら、この日は国会でも非常に重要な法案が相次いで強行採決されました。採決されたのはTPP(環太平洋経済連携協定)関連法案と働き方改革関連法案です。

TPPは日本を含めて10ヶ国以上が参加している大規模な貿易協定で、国民の安全や安心を守っているような非関税障壁も撤廃してしまうような内容となっています。
前々からTPPの危険性は多くの識者や専門から指摘を受けていましたが、政府与党や経団連の強力な後押しがあって何時の間に成立まで到達しました。

そして、もう一つは安倍政権が今国会で最重要法案と位置付けている「働き方改革関連法案」です。働き方改革関連法案では今年1月に法案の前提となっている厚生労働省の労働データに不正問題が発覚し、野党から法案の見直しや修正を求める声が出ていました。

これを受けて政府は裁量労働制の導入時期を遅らせる決定をしましたが、法案そのものは変えずに採決を強行しています。

いずれの法案の強行採決も世間の人たちの目がサッカーワールドカップに向いている時に行われており、テレビや新聞もあまり大きな扱いとはなっていないです。
サッカーワールドカップの日程はかなり前から決まっていることから、政府与党がこの日を狙って意図的に強行採決をしたと言えるでしょう。

採決時は野党の議員らが必死の抵抗を行っていましたが、多勢に無勢で数の力で押し切られた形です。7月後半まで延長された国会では他にも重要な法案の採決が控えているのですが、また同じようにサッカーワールドカップの試合と合わせて強行採決をやってくると予想されています。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!