新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

保守速報が物販を開始へ!広告収益の減少で小坪議員が提案!「存続が危うい状態」


右派系の大手まとめブログ「保守速報」が物販を開始すると発表して物議を醸しています。

7月1日に保守速報は「管理人です。現在広告がない状態で運営しております。このままだと存続が危うい状態です。
そこで、小坪議員より支援体制について提案がありました。 Blogでも表明されています」とのコメントを発表し、収益を確保するために物販を行う方向で調整中だと明らかにしました。
具体的には小坪慎也(こつぼしんや)議員と協力する形で、何らかのノベルティグッズの物販を行う模様です。

保守速報は差別的な内容の記事をまとめていたことから炎上を繰り返し、しばらく前から企業側が「保守速報に広告を出している広告代理店から撤収する」というような表明をしていました。
先週には広告が全く無くなってブログの広告枠が真っ白になり、今回の物販は減少した収益を補うために行うと見られています。

 

保守速報からのお知らせ
http://hosyusokuhou.jp/archives/48819730.html

管理人です。現在広告がない状態で運営しております。このままだと存続が危うい状態です。
そこで、小坪議員より支援体制について提案がありました。 Blogでも表明されています。

とりあえず、ノベルティグッズの物販については、 保守速報側との協議が整えば、当方としては対応する用意はある。かつ、話はかなり具体的にまとまっていることを併せて報告させて頂きます。一週間から二週間程度で、物販については報告できると思います。

↓詳細については以下をお読みください。↓
保守速報など、まとめサイト群への救済処置(暫定版)【応援する人はシェア】

保守速報など、まとめサイト群への救済処置(暫定版)【応援する人はシェア】


また報告させて頂きます。今後ともよろしくお願いします。

保守速報など、まとめサイト群への救済処置(暫定版)【応援する人はシェア】
https://samurai20.jp/2018/06/hosyusoku-2/

まとめサイトの運営には、費用が必要だ。例えば保守速報の場合は、一日あたり30万人ほどの訪問者数を誇り、月間訪問者数は自民党員の総数(106万人ぐらい)を遥かに超える。あれほどのアクセスとなれば、通常のサーバーでは処理できず、それなりの固定費もかかる。連日の管理人さんらの拘束時間を考えれば、人件費も発生する。規模によっては、専従でサーバー管理者だって置かねばならない。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!