新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

参院6増の公選法改正、反発相次ぎ11日に先送り!維新も反対表明 「どさくさ紛れの横暴」


政府与党は参院定数を6つ増やす公職選挙法改正案について、審議入りを11日に先送りすると発表しました。

この公職選挙法改正を巡っては日本維新の会からも強い反発の声が出ており、10日の記者会見で松井一郎代表が「豪雨災害のどさくさに紛れて、自民党案を押し通そうというのは、あまりにも傲慢(ごうまん)だと思ってる。どさくさ紛れの横柄なやり方はちょっと看過できない。(自民の石井浩郎)委員長の解任決議案も含めて徹底的に戦いたい」とのコメントを出しています。

野党各党も反対の姿勢で、政府与党は反対を和らげるためにも先送りを決定することになりました。ただ、国会の会期末が迫っていることもあり、今週中には審議入りとなる可能性が極めて高いです。

 

参院6増の自民案「豪雨のどさくさ紛れの横暴」 松井氏
https://www.asahi.com/articles/ASL7B4148L7BPTIL011.html?ref=tw_asahi

 (参院定数を六つ増やす自民党の公職選挙法改正案について)豪雨災害のどさくさに紛れて、自民党案を押し通そうというのは、あまりにも傲慢(ごうまん)だと思ってる。どさくさ紛れの横柄なやり方はちょっと看過できない。(自民の石井浩郎)委員長の解任決議案も含めて徹底的に戦いたい。

自民6増案を巡る審議、11日に先送り
http://www.topics.or.jp/articles/-/72024

 参院政治倫理・選挙制度特別委員会は10日の理事会で、参院定数を6増する自民党の公選法改正案審議に関し、10日実施予定だった特別委開会を見送ることで合意した。11日に開催する。自民党は11日中に採決する意向だ。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!