新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

凶兆か?富士山で巨大な「笠雲」、大嵐の前兆・・・ 


7月28日夕方頃に静岡県の富士山で巨大な笠雲が観測されました。笠雲は強風や大雨の前兆だと言われ、NHKも気象庁気象研究所の荒木健太郎研究員の言葉を紹介して前兆だと取り上げています。

先日から台風12号が接近していることから笠雲が発生したと推測され、ネット上でも「不気味」「嫌な感じ」などと困惑のコメントが相次いでいました。

 

富士山で「笠雲」強風や大雨の前兆
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180728/k10011553601000.html?utm_int=all_side_ranking-social_004


静岡県裾野市に設置されている固定カメラが午後2時ごろに捉えた映像です。雲が富士山をふもとから山頂まですっぽりと覆っている様子が確認できます。

この雲について気象庁気象研究所の荒木健太郎研究員は、「強風や大雨の前兆になる『笠雲』と呼ばれる雲で、登山者が天候の変化の目印にする雲だ」と話しています。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!