世界の軍事費、前年比で1.1%増!中国が世界一の増加率!インドが5位に浮上 フランスは6位へ


2017年度の世界の防衛支出の統計がストックホルム国際平和研究所(SIPRI)から発表されました。統計結果によると、全世界の軍事費の合計は1兆7400億ドルで、前年度よりも1.1%の増加になったとのことです。

特に増加率が凄まじかった国は中国とインドで、中国は2008年からの10年間で世界一の110%増を記録。次に増加率が高かったのはトルコの46%となっており、全体的にアジアと中東で軍事費の増加が目立っていました。
日本はほぼ横ばいで、中国などの諸外国と比べると控え目な数字となっています。

一方で、フランスはインドに抜かれて軍事費は6位に転落し、各国のパワーバランスが大きく変化していると言えるでしょう。日本としては軍事費を増やすことも視野に入る局面だと言え、巨大化している中国とどのように対応するのかが重要になりそうです。

 

世界の軍事費 国別ランキング・推移
https://www.globalnote.jp/post-3871.html

2017年世界の軍事費:インド、フランス抜き5位 「意外にも」ロシアは縮小
https://newsphere.jp/world-report/20180515-3/2/

やはり中国だ。2008年比で110%増という世界最大の増加率を記録。絶対値でも同期で最大の伸びとなった。ナショナル・インタレストは、「次に増加率が高かったのはトルコの46%だ。つまり、中国は、世界のどの国よりも2倍以上の割合で軍事費を増やしていることになる」と指摘する。中国の軍事費が世界に占める割合も、2008年の5.8%から13%に増加。一方、アメリカのシェアは同期で42%から35%に減っており、1位アメリカと2位中国の差がどんどん縮まっていることが分かる。

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next
   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    中国やロシアの脅威を煽っている人を見るといつもこれを思うのです。
    憲法変えたって、中国やロシアに叶うわけがないじゃんって。
    しかもお金のかけ方に無駄が多いことで有名な日本でしょ。
    だったら、いっそ戦争放棄の姿勢を貫くっていうのはありじゃないかなと。
    9条変えれば中国も安心! って考えがよくわからないのです。

  • 論の立て方に問題があるかも? より:

    軍事力を比較するのじゃなくて、年間の軍事費だけで比較するって意味あるんですっぺ??
     
    軍事力が生物を破壊する能力を指すのならば、日本の原子力関連設備の『放射能による破壊能力』と『無能な政府なればのコントロール能力の欠如』による危険能力の高さは他に比するものは無いでありましょう。
    フクイチの始末にしろ、六ケ所村を始めとする使用済み燃料の始末にしろ、核原発の廃炉の仕方も解らない事態なんじゃからして、日本の統治機構全体がセカイを破滅させる核放射能破壊兵器システムなのかも知れない・・・(軍事を意図しているのか、していないのかは置いといて)
     
    本題に戻って、人類が検討すべきは「人類や地球の継続維持」であって、破滅に向かうための軍事力の多寡を競うことではないでしょうし、ましてや年間の軍事費を比較することに意味があるとは思えないのでありまするw
     ・・ 議論の仕方がとっても未熟な気がしないでもない ・・

  • 匿名 より:

    >論の立て方に問題があるかも?様

    同じく私も違和感を感じています。
    人類や地球の継続維持<国屋さんの利益

    これが国屋さん価値観だからでしょうか?
    地球からのしっぺ返しを受けるときに、巻き添えになるのは嫌です。

  • 匿名 より:

    GDP比でみると、米国も中国も3%程度。
    2017年の中国は1.9%だったから、米国に合わせて増やした感じか。
    しばらくは両国の経済戦争がつづきそう。
    でも米国も中国もお互いに依存しあっている関係(iphoneやFBなど)だから、大きな軍事衝突は起こらないだろうね。

  • 匿名2 より:

    て言うか

    ⬆⬆
    君の論理展開が未熟者じゃないの?(これまでは近代化改修及び近代化開発。

    確かに
    軍事費進捗率云々で判断するのは筋ちがいだけど(単に似非平和勢力のネタ。

    核戦力(核兵器とリンクして展開しているところがアンタもバッタもんだよね。

    例の核兵器禁止条約で日本を非難するのも筋ちがい、ナンセ現状の核軍縮交渉は米/ロ2か国だからね←非核保有国は参加出来ません。

    だから
    新中国はその隙間をついて別の核戦力を増強してるんだから(笑)

    それに
    米/ロ/中は既に核武装より極超音速兵器(通常兵器)の研究開発に着手してるのに、使えない核兵器(相互確証破壊兵器)をネタに核兵器禁止条約に日本国が批准しないとイチャモンつけるのもねぇ~(*^^*)

  • 匿名 より:

    所詮頭のおかしい政治オタクネタかと・・政治プロパガンダで安全保障を騙るバッタてなもんだ

  • 匿名 より:

    戦争は一部の人にって永遠に稼げる金儲けです。
    全て屁理屈です。
    日本でも国民は裏切られ企業は繁栄し続けた。
    手っ取り早い金儲けと人類削減・・・?

  • 匿名 より:

    安倍政権で防衛装備品メーカーからの献金が急増 
    防衛予算も増加。

  • 匿名 より:

    全生命が絶滅して地球が粉みじんになるのも時間の問題かも?!

  • 匿名 より:

    核兵器の使用=世界秩序の崩壊=核兵器不使用=所有国間での平和
    と考えてるんだけど、核兵器が0になって平和になるのかね。
    逆に戦争しやすくなる気もするんだけど。
    ICANは戦争の使者だったりしてな。
    「地獄への道は善意で舗装されている」

  • 匿名 より:

    軍事費の中には、人件費も入っているようですね。
    米国は人件費がべらぼうに多いとか。
    (あれだけの兵隊を雇えば、膨大な金額になる)
    各国の軍事費の「内訳」をみていくことが今後は必要。

  • 匿名 より:

    現在の戦争はミサイルが主要。
    日本がもつとすれば長距離ミサイルがあれば、それでOK.
    周辺国に反撃能力があるよ、と示せればそれでOK。
    自衛隊時代の人数はそれほど増やす必要はない。

    (あと中国が日本に攻め入る動機はあまりない。日本に勝ってもらわないと中国の景気は悪くなるので、一定の国力(日本人の経済力)を保持してもらわないと困る。各国、自国の経済の景気が悪くなると、政権基盤が崩れるので、無茶なことをするはずがない)。