新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【警戒】九州北部に大雨特別警報!1か月分の雨量の2倍、長野県では400ミリ超も!気象庁「最大級の警戒を」


九州北部の広い範囲に大雨特別警報が発表されました。

大雨特別警報が出たのは佐賀県と福岡県、長崎県の3県で、気象庁は「数十年に一度のこれまで経験したことのないような大雨が降っている」と呼び掛け、5段階の警戒レベルで最も高い「大雨特別警報」を発表。
長崎県平戸市では24時間の雨量が430.5ミリを超えており、この1日で8月の平均雨量の1ヶ月分の雨が降りました。

佐賀市の雨量も382ミリと記録的で、いずれも気象庁が統計を取り始めてから史上最多の雨量となっています。非常に猛烈な豪雨の影響で氾濫の危険性が非常に高い「氾濫危険水位」を超えている川も多数見られ、気象庁は川から離れて、頑丈な建物や高台に避難するように促していました。

今後の天気予報では29日朝までの24時間に降る雨の量は九州北部で200ミリ、関東甲信と東海で180ミリ、北陸で150ミリとなっており、しばらく全国的に豪雨が続く見通しです。今は安全な場所でも油断は出来ないと言え、早めに避難の準備だけはシッカリとしておきましょう。

 

気象庁 大雨特別警報
https://www.jma.go.jp/jp/warn/

佐賀 福岡 長崎に大雨特別警報 最大級の警戒を
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190828/k10012052011000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002

前線の活動が活発になり、佐賀県の各地で1時間に100ミリ以上の猛烈な雨が降るなど九州北部で記録的な大雨となっていて、気象庁は佐賀県と福岡県、長崎県に大雨の特別警報を発表しました。5段階の警戒レベルのうち最も高いレベル5にあたる情報で最大級の警戒が必要です。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!