新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

WHOのテドロス事務総長「ワクチンの感染予防効果が約40%に低下している」「接種を完了した人も感染予防策を」


*WHO
WHO(世界保健機関)のテドロス事務総長が新型コロナウイルス用のワクチンについて、効果は限定的とする見解を出しました。

これは11月24日の記者会見でテドロス事務総長が語ったもので、新型コロナウイルスがヨーロッパで再拡大していることを念頭に置いて、「デルタ株のまん延により、以前は約60%だったワクチンの感染予防効果が約40%に低下しており、接種を完了した人も感染予防策を続けなければいけない」と述べ、ワクチンは感染を完全に防ぐものではないと強調。

ワクチン接種が終わった人も感染症予防やウイルス対策を行う必要性があるとして、引き続きマスクの着用や対人距離の維持、室内の喚起徹底を行うように呼び掛けていました。
一部の国ではワクチン万能論を前提として新型コロナウイルス対策をしていますが、それをWHOが否定した形です。

 

コロナワクチン、感染予防効果は40% WHOが警告
https://www.afpbb.com/articles/-/3377533

【11月25日 AFP】世界保健機関(WHO)は24日、新型コロナウイルスの変異株「デルタ株」に対するワクチンの感染予防効果は約40%であると指摘し、人々がワクチンに対して持つ過信について警告した。
WHOのテドロス・アダノム・ゲブレイェスス(Tedros Adhanom Ghebreyesus)事務局長は、接種済みの人の多くが、他の感染予防策がもはや不要になったと思い込んでいると指摘。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!