新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

ちびまる子ちゃんで有名な漫画家・さくらももこさん、乳がんで死去 突然の訃報に驚きの声が・・・


ちびまる子ちゃんで有名な漫画家・さくらももこさん(53)が今月15日に亡くなっていたことが分かりました。

公式サイトには27日付で「さくらももこは、平成30年8月15日午後8時29分、乳がんのため永眠いたしました。(享年53)これまで温かい応援をして下さったファンの皆様、お世話になりました関係者の皆様に深く感謝致しますとともに、ここに謹んでご報告申し上げます」とのコメントが掲載されています。

さくらももこさんは世界的にも名前が知られている漫画家で、ちびまる子ちゃん以外にも「コジコジ」や数多くの書籍を出版していました。

ネット上では突然の訃報に驚きの声が相次ぎ、別れを惜しむ声からちびまる子ちゃんの今後を心配する声まで様々なコメントがあったところです。
今の時点ではちびまる子ちゃんの中止というような情報は無く、今後も放送は続くと見られています。心よりさくらももこさんのご冥福をお祈りします。

 

さくらプロダクションからお知らせです。
https://lineblog.me/sakuramomoko/archives/67300025.html

さくらももこは、平成30年8月15日午後8時29分、乳がんのため永眠いたしました。(享年53)

これまで温かい応援をして下さったファンの皆様、お世話になりました関係者の皆様に深く感謝致しますとともに、ここに謹んでご報告申し上げます。

さくらは1984年に漫画家としてデビュー。30周年を迎えた際、次のような言葉があります。

「30年間、良い事も大変な事もいっぱいありましたが、私は作家としてとても幸せな月日を送らせていただいています。感謝にたえません。」(『さくらももこの世界展』「デビュー30周年を迎えて」より抜粋)

作品を描けること、それを楽しんで頂けることをいつも感謝していました。

これからも皆様に楽しんで頂けることが、さくらももこと私達の願いであり喜びです。

なお、通夜・告別式は、ご遺族の意向により親族・近親者のみにより執り行われました。

さくらプロダクションスタッフ一同

平成30年8月27日

さくらももこ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%95%E3%

清水市立(当時)入江小学校、同・第八中学校、静岡県立清水西高等学校卒業。
1984年 – 静岡英和女学院短期大学(現・静岡英和学院大学短期大学部)国文学科在学中に『りぼんオリジナル』冬の号(集英社)にて「教えてやるんだありがたく思え!」(「教師」をテーマとしたオムニバス作品。「ちびまる子ちゃん」第1巻に掲載)でデビュー。
1986年 – 静岡英和女学院短期大学卒業、同年4月に上京しぎょうせいに入社するが、勤務中に居眠りする等して、上司から「会社を取るか、漫画を取るかどちらか選べ」と迫られ「漫画家として生活していく」と回答したため、同年5月末に入社わずか二ヶ月で退職。同年8月、『りぼん』で「ちびまる子ちゃん」の連載開始。
1989年 – 『ビッグコミックスピリッツ』30号(7月10日号、小学館)から「神のちから」の連載開始。
1989年 – 『りぼん』の編集者・宮永正隆と結婚。
1989年度(平成元年)、第13回講談社漫画賞少女部門受賞(『ちびまる子ちゃん』)。
1990年 – 『ちびまる子ちゃん』がフジテレビ系でアニメ化され、国民的に知名度を高める(1992年9月終了)。主題歌『おどるポンポコリン』の作詞で第32回日本レコード大賞を受賞。1991年には西城秀樹が歌う『走れ正直者』も主題歌(第2弾)としてヒットする。
1991年 – 初エッセイ集『もものかんづめ』(集英社)発表。10月より宮永とともにニッポン放送『オールナイトニッポン』月曜1部のパーソナリティをつとめる。(1992年10月まで)
1994年 – 長男誕生。
1995年 – 『ちびまる子ちゃん』が再びテレビ放送される(第二期)。
1997年 – 『コジコジ』がアニメ化される(〜1999年)。
1998年 – 宮永正隆と離婚。
1999年 – 自ら編集長をつとめた雑誌『富士山』(新潮社)の第一号が発売される。
2000年 – NHK全国学校音楽コンクールのために「こうしていよう」を作詞。
2002年 – 親子共作による絵本+エッセイ『おばけの手』を発表(長男のペンネームはさくらめろん)。
2003年 – イラストレーターうんのさしみと再婚。
2005年 – デビュー20周年を記念し、各地で原画展「さくらももこワールド 20年の軌跡展」を開催。
2006年 – 4月18日、『ちびまる子ちゃん』実写ドラマ化。自身は第1話の脚本も担当。
2006年 – 10月31日、『ちびまる子ちゃん』実写ドラマ第二弾放送。
2007年 – 4月19日、レギュラーとして実写ドラマ+バラエティの複合番組『まるまるちびまる子ちゃん』放送開始。原作を同じくする実写とアニメが同時期に放送される珍しいケースとなる(2008年2月28日放送終了)。
2007年 – 7月1日、『ちびまる子ちゃん』が中日新聞、東京新聞、北陸中日新聞、日刊県民福井、北海道新聞、西日本新聞、河北新報、中国新聞、徳島新聞、神戸新聞朝刊にて連載開始。8月1日からは新潟日報でも連載が開始される(2011年12月31日連載終了)。
2013年 – 4月18日、『永沢君』が実写ドラマ化される(同年9月30日に放送終了)。
2013年 – 10月1日、約6年ぶりに『ちびまる子ちゃん』が実写ドラマ化される。
2014年-2015年 – デビュー30周年を記念し、『さくらももこの世界展』を各地で開催する。
2014年7月 – シンガーソングライターの琵奈子とともにユニット『イエローパープル』を結成(プロデュースと作詞担当)[2]。
2015年 – 10月7日発売のグランドジャンプ21号より、『まんが倶楽部』の連載が開始[3]。
2016年 – 10月5日、郡上八幡をテーマにした新作地方マンガ『GJ8マン』の公式サイトをオープン。10月8日より自ら脚本を書いたWEBアニメ配信開始。
2018年 – 8月15日20時29分、乳がんのため死去[1][4][5]。53歳没。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!