新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

地震で即応予備自衛官招集へ!大手通信社は被災地の速度制限を解除!料金の延長も

*ドコモ
政府は災害派遣活動のために、自衛隊OBの即応予備自衛官を招集したと明らかにしました。

報道記事によると、招集されたのは北海道の部隊に登録されている最大300人で、小野寺防衛大臣は「即応予備自衛官は地域に住んでいる方が多数なので、地の利をよく知っていて、生活支援での役割は有効だ」とコメントして即応予備自衛官に強い期待感を示したとのことです。
即応予備自衛官が招集されたのは今年7月の西日本豪雨災害以来となります。

一方で、被災地の携帯電話の通信速度について、通信各社は速度制限を設けないと発表しました。NTTドコモとソフトバンクは料金請求月の末日まで、利用者のデータ通信量が容量を超えても速度制限なしで使えるようにする方針です。KDDI(au)も条件付きで無料にするとしています。
他にも料金支払い期限の延長などが実施される予定で、通信会社によっては独自の対応を発表していました。

被災地では余震が続いていますが、徐々に停電や断水の状態が改善されているところです。ただ、完全復旧には1週間程度の時間が掛かる見通しで、まだ不安定な状況が続くことになると見られています。

 

「北海道地震で即応予備自衛官招集」 小野寺防衛相
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180907/k10011617511000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_002

小野寺防衛大臣は7日午後7時すぎ、防衛省で記者団に対し「総力を挙げて災害派遣活動を行うため、自衛隊OBの即応予備自衛官を招集した。北海道の部隊に登録されている最大で300人を招集し、主として人命救助や生活支援活動に対応してもらう。即応予備自衛官は地域に住んでいる方が多数なので、地の利をよく知っていて、生活支援での役割は有効だ」と述べました。

ドコモからのお知らせ
https://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/page/180906_01_m.html

平成30年北海道胆振地方中東部を震源とする地震に係る災害救助法適用地域のお客さまに対する支援措置~データ通信の速度制限解除等を実施~
2018年9月6日 このたびの北海道において地震により被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

NTTドコモは、このたびの北海道胆振地方中東部を震源とする地震による災害に伴い、災害救助法が適用された地域※1のお客さまを対象に、以下の支援措置を実施します。

1.実施内容
(1)データ通信の速度制限解除
(2)付属品の無償提供
(3)携帯電話機購入時における特別割引の実施
(4)故障修理代金の一部減額等
(5)ケータイデータ復旧サービスの無料化
(6)一部手数料の無料化
(7)受付手続きの緩和
(8)「ドコモ光」の基本料金等を無料化【お客さまお申出要】
(9)「ドコモ光」等に関する一部機器の無償提供
(10)料金支払い期限の延長

通信各社、被災地のスマホ速度制限を設けず
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180907-00000087-asahi-soci

 北海道胆振(いぶり)地方を震源とする地震を受けて、住民らがスマートフォンなどで使ったデータ通信量が、契約で定められた容量を超えても通信速度を遅くしない運用を、NTTドコモが始めた。災害救助法が適用された地域の利用者が対象で、30日まで。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!