新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【注意】台風22号が発生!近畿地方で激しい雨の恐れ、10日にかけて100ミリ超も


9月7日に日本の遥か南の海上で台風22号が発生しました。現時点での台風22号の勢力は小さく、このままだと東シナ海方面に向けて移動する可能性が高いと予想されています。
ただ、今の段階だと進路予想が非常に難しく、風向きによっては日本列島に接近する恐れもあると言えるでしょう。

一方で、前線と湿った空気の影響で、近畿地方を中心に9月8日は大雨になると見られています。9日朝までの24時間雨量は四国で250ミリ、九州南部で120ミリ、関東甲信や東海、近畿、中国地方、九州北部などで100ミリと予想されていました。
台風で地盤が緩んでいる場所は土砂崩れのリスクも高いと言え、今後も大雨の情報に注意が必要です。

 

気象庁 台風情報
https://www.jma.go.jp/jp/typh/

台風第22号 (マンクット)
平成30年09月08日06時50分 発表

<08日06時の実況>
大きさ –
強さ –
存在地域 マーシャル諸島
中心位置 北緯 13度20分(13.3度)
東経 163度10分(163.2度)
進行方向、速さ 西 25km/h(13kt)
中心気圧 1000hPa
中心付近の最大風速 18m/s(35kt)
最大瞬間風速 25m/s(50kt)
15m/s以上の強風域 全域 280km(150NM)

近畿で局地的に猛烈な雨 西~東日本 非常に激しい雨のおそれ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180908/k10011618091000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_007

前線と湿った空気の影響で、近畿では明け方にかけて1時間に100ミリ以上の猛烈な雨が降ったとみられ、土砂災害などに厳重な警戒が必要です。西日本と東日本では10日にかけて大気の不安定な状態が続いて非常に激しい雨が降るおそれがあり、気象庁は大雨による川の増水などに警戒するよう呼びかけています。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!