新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

北海道地震の被災地で液体ミルク使われず!道が利用控える通知!ネット上で議論に!

*液体ミルク
北海道地震で被災地に支援物資として東京都が提供した液体ミルクが物議を醸しています。

議論となっている理由は、北海道側が「国内で使用例がない」などと液体ミルクの使用を控えるように通知を送ったからです。東京都から胆振管内厚真町など5町に提供された乳児用の液体ミルク1050本のほぼ全量が今も未使用の状態で、ある町の担当者は「(道の連絡で)とても住民に提供できる物ではないと思った」とコメントしています。

ただ、後の調査で2016年の熊本地震で使用例があったことが判明し、ネット上では北海道の判断を巡って賛否両論の議論となりました。
日本のお役所仕事が招いたトラブルだとも言え、大切な支援物資が被災地に届かなかったことには批判の声も多いです。

ちなみに、欧米だと日本とは違って、粉ミルクよりも液体ミルクのほうが主流となっています。

 

被災地支援の液体ミルク使われず 都が提供 道が「利用控えて」と連絡
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180923-00010002-doshin-hok

 胆振東部地震発生後、東京都から胆振管内厚真町など5町に提供された乳児用の液体ミルク1050本のほぼ全量が、使われずに保管されていることが22日、北海道新聞の調べで分かった。道から「国内で使用例がない」などとする連絡を受けた各町が使用を止めた。しかし、実際には2016年の熊本地震で使われている。開栓してすぐ飲める液体ミルクは利便性が高いが、住民に周知されることなく備蓄に回った格好だ。(酒谷信子)

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!