新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

石破茂氏、安倍首相の憲法改正をけん制!「党員票の45%が私に入っていることをどう考えるかだ」


自民党の石破茂氏が安倍政権の憲法改正をけん制しました。9月21日に石破氏は記者会見で「憲法の考えが違うことが明らかになった上で、党員票の45%が私に入っていることをどう考えるかだ」と述べ、安倍首相は反対の意見が多かったことを受け止めるべきだと指摘。

その上で、政権の対応は急ぎすぎているとして、「ちゃんとしたステップを踏まないまま、勝ったからスケジュール通りやるでは、党員のみならず、国民にしてみればもっと乖離(かいり)が起きるのではないか」などと疑問を投げ掛けています。
この感じだと石破氏は選挙後も方針を変えず、安倍政権に疑問や疑念をぶつけるスタイルでやっていくことになりそうです。

 

石破氏、憲法巡り首相を牽制 「党員票の45%が私に」
https://www.asahi.com/articles/ASL9P40ZRL9PUTFK008.html

 自民党総裁選で安倍晋三首相に敗れた石破茂元幹事長は21日、首相が前日の勝利後の記者会見で、憲法9条改正について、自衛隊を明記する自身の改憲案が信任を得たとの認識を示したことに対し、「憲法の考えが違うことが明らかになった上で、党員票の45%が私に入っていることをどう考えるかだ」と、首相側を牽制(けんせい)した。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!