新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【注意】放置預金、10年で国が管理へ!来年1月から開始!対象は6000万口座


政府が来年1月から放置預金を管理・運営することが分かりました。これは今年に施行された「休眠預金等活用法」による決定で、政府は10年以上放置された預金を社会事業に活用するとして、放置預金を管理運営するとしています。

対象となる口座は約6000万だと報道されており、総額は約6000億円となる見通しです。国民からは驚きの声が多く、休眠預金等活用法が可決されていたことも知らないとのコメントがありました。
私有財産を政府が管理する形になることから、この法案が拡大解釈されることで政府の権限が強化されることを懸念する声もあるところです。

 

放置預金に注意、10年で国が管理 19年1月から  総額6000億円
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3637646011102018EE9000/

国は来年1月から、10年以上放置された預金を社会事業に活用する。国が新法を施行し、管理主体を銀行から国に変更したためだ。潜在的な預金は約6000億円で、対象も6000万口座を上回る見通し。本人が気付かなければ権利は国に移り、申し出なければ手元に戻らない。憲法の財産権を守りつつも、国が私有財産を動かす異例の試み。眠った資金を有効活用するためとはいえ、預金者は注意が必要だ。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!