憲法改正は難航か 自民党の船田氏も懸念!「安倍総理の側近が強硬派」


安倍政権は臨時国会に憲法改正案の提出を検討していますが、あまりにも強引な路線に与党内部からも懸念の声が出ています。

自民党の船田元衆議院議員総会長はメールマガジンを通して、安倍総理の側近が強硬路線で議論が割れる可能性があると指摘。
仮に憲法改正の国民投票を実施したとしても、その後に野党の猛烈な反対などで国民の賛同意見は得られなくなると疑問を投げ掛けていました。

また、自民党は野党側と憲法審査会の早期開催に向け調整を急ぐとしていますが、これについても野党第1党の立憲民主党と調整が難航していると報じられています。
憲法改正をゴリ押ししたい安倍政権と憲法改正に反対している野党の溝は拡大していると言え、このまま進むと国会の他の議論が停滞する恐れもありそうです。

 

憲法改正 今国会での自民党案提示は調整が難航も
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181108/k10011702621000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_016

憲法改正をめぐって、今の国会で改正案の提示を目指す自民党は、野党側と憲法審査会の早期開催に向け調整を急ぐ考えですが、野党第1党の立憲民主党は、改正案の提示に応じるのは難しいなどとしていて、調整は難航することも予想されます。

憲法審査会「首相側近の強硬派に」船田氏 懸念示す
https://www.nhk.or.jp/politics/articles/statement/9999.html

憲法改正をめぐって、自民党の船田元衆議院議員総会長はみずからのメールマガジンで、衆議院憲法審査会の新しい幹事に起用される安倍総理大臣に近い議員が「強硬派」だとして、今後の野党側との調整に懸念を示しました。

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next
   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    安倍政権は憲法遵守義務も果たさず、国民世論から挙がったものではない憲法改正?、違うだろ、憲法改悪に手を染める。
    安倍くんは、自衛隊は合憲なのにマッチポンプで侵略兵器を保有し違憲だと主張させ、憲法に自衛隊を明記する事を大義名分とし、早くこっそり緊急事態条項を通したくてしょうがないんだってさ。

  • 匿名 より:

    内閣がやりたい放題するためには、国民がどう思おうと改憲が必要なのでしょうね。何としても憲法改正のムードに扇動したいんだろうけど、そうはいかない。そうはさせない。そして、犯罪人どもが逃げ延びる道に繋がる改正など断じて許してはならない。あいつらのせいでここまで落ちぶれてしまった日本を、もう一度正しい国の在り方に戻さなければなりません。

  • 言霊の幸ふ国 より:

    とりあえず憲法「改正」って言うのは止めようぜ。
    「憲法改悪」「憲法改竄」、どっちでもいいけど。
    奴らに正義は無い。

  • 匿名 より:

    憲法の前に、アベノミクスの成果を問うたら?

  • 匿名 より:

    自作自演の国交悪化

  • 債務 より:

    ヒント
    政府債務、大戦末期に酷似。

  • 匿名 より:

    「野党との調整 難航」
    立民は応じないかもしれませんが、国民民主は応じるんじゃないか?
    こないだ玉木と二階で会談しようとしていたよね・・・結局もっと下っ端だけの会合になったけど。
    玉木は
    「改憲への企業献金、一社5億円以下」「CMの放映時間規制」
    を守れば改憲審議に応じる、と言っていた。
    高プロだって抜け駆けで成立させた国民民主。
    この度の移民法だって、また付帯決議がどーたら言い出して自民をサポートするんじゃないか?
    立民だって山尾みたいに「受けて立つ」雰囲気の者がいる。
    とにかく野党が改憲審議に参加すれば、改憲賛成数からみて、必ず発議されてしまうだろう。
    応じないことが大切。
    誰が裏切るか、よく見てようね。

  • 国債年金 より:

    海外投資家には安倍の永久政権を望む人も多いでしょうね
    いくらでも国家が株を買ってくれるATM

  • 匿名 より:

    憲法改正ということになると
    占領国が被占領国の憲法を改正したり、押し付けてはならないという
    ハーグ陸戦条約に違反し、アメリカに押し付けられた現憲法を認めた事になる。
    一端破棄して、暫定的に明治憲法に戻し、新たに作り直すのが筋だろう。
    しかしこれらの作業は売国奴の自民党を政権与党から引き摺り下ろした後でやるべきだ。

  • 匿名 より:

    ハードル高すぎて元々無理でしょ?
    その立場上、改正支持派に属してる人も内心冷めてるんじゃないでしょうか。

  • ロハスな人 より:

    沖縄県知事選挙で公明党がまともに機能しなければ、安倍政権では選挙をまともに戦えないことが分かったはずです。
    そして、安倍首相が目論む今回の9条改訂はしないように公明党本部が釘を刺しているので、9条改訂に突き進む場合は、『公明党抜き』でやらざるをえないのです。
    公明党切り捨てで9条改訂…創価学会の組織票が完全に9条改訂に回りますから、万が一国民投票になっても『惨敗』する結末しか見えませんね。
    安倍首相はとうとう『9条改訂教の教祖』にでもなられたようです。