新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

「国の借金」が1091兆円に!6月から2兆7834億円増、公務員給料はアップ


11月9日に財務省が国の借金の総額を発表しました。

財務省によると、国債と借入金の総額は2018年9月末時点で1091兆円となり、国民一人あたりで878万円に到達したとのことです。
これは6月末から2兆7834億円ほど増加しています。

ただ、国の借金は国民から政府側が借りた資金の総額なので、返済の明確な期限などが決まっているわけではありません。日本の借金は金額が大きくても大半が国内から借りた資金ということもあり、国外から借金をしている国と比べてリスクは少ないと言われています。

一方で、安倍政権は公務員給料の引き上げに必要な法案を臨時国会で可決・成立させる予定で、国民からは膨大な借金を減らさずにお金を使っていることに不満や疑問の声が相次いでいるところです。

 

国の借金1091兆円=1人当たり878万円―財務省
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181109-00000099-jij-pol

財務省は9日、国債と借入金などの残高を合計した「国の借金」が9月末で1091兆7685億円になったと発表した。

6月末から2兆7834億円増え、過去最高を更新した。5月1日時点の人口(1億2435万人)を基に単純計算すると、国民1人当たりの借金は約878万円になる。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!