新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

ルノーがカルロス・ゴーン会長の解任見送り!日産・三菱と対立状態?逮捕前に経営統合検討も


仏の大手自動車会社のルノーはカルロス・ゴーン会長の解任を見送りと発表しました。既に日産はカルロス・ゴーン会長の逮捕を受けて解任を決定していますが、ルノーは真逆の判断をして留任した形です。
暫定的な代行はティエリー・ボロレ最高執行責任者(COO)となり、カルロス・ゴーン会長の仕事を引き継ぐとしています。

一方で、海外メディアはカルロス・ゴーン会長が逮捕される寸前に、ルノーと日産の経営統合を具体的に検討していたと報道していました。関係者によれば、経営統合は数カ月内にも行われる予定で、今回の逮捕によって経営統合も大きく変わる可能性がありそうです。

ルノーにはフランス政府が全面支援していることから、この逮捕劇はフランス政府と日本政府の全面対立に発展する恐れがあると言えるでしょう。

 

ルノー、ゴーン氏解任見送り 日産・三菱と判断分かれる
https://www.asahi.com/articles/ASLCP249GLCPUHBI00D.html

仏自動車大手ルノーは20日の取締役会で、会長兼最高経営責任者(CEO)を務めるカルロス・ゴーン容疑者の逮捕を受け、CEOの暫定的な代行に、ティエリー・ボロレ最高執行責任者(COO)をあてる人事を決めた。

逮捕前に経営統合検討か ゴーン会長、日産・ルノー
https://this.kiji.is/437736873869821025

【フランクフルト共同】英紙フィナンシャル・タイムズ電子版は20日、日産自動車会長のカルロス・ゴーン容疑者が逮捕前に、同社と自身が会長兼最高経営責任者(CEO)を務めるフランス自動車大手ルノーの経営統合を検討していたと報じた。ある関係者によれば、数カ月内にも行われる見通しだったという。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!