新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

ルノー幹部が「日本のクーデターだ」と言及!日本VS仏の模様に 「西川社長はブルータス」


日産のカルロス・ゴーン会長が逮捕された事件を受けて、日産の提携企業であるフランスの大手自動車会社・ルノーの幹部がコメントを出しました。

フランスのルモンド紙はルノーの経営陣から「日本のクーデターだ」というような声があったと報道しており、フランス側は日産の西川広人社長を「ローマ帝国時代に皇帝カエサルを暗殺したブルータスのようだ」と批判しています。

そして、このような事件が起きた背景として、日産とルノーの経営統合に日本側が強く反発していたことにも言及し、日本とフランスの自動車産業を巡る競争がカルロス・ゴーン会長の逮捕に繋がったとフランスメディアは分析していました。

実際にカルロス・ゴーン会長が逮捕される直前に日産とルノーの経営統合が協議されていたようで、一部のメディアは年内にも統合予定だったと報じています。

 

ルノー幹部「日本でクーデター」=西川社長は「ブルータス」-ゴーン氏逮捕で仏紙https://www.jiji.com/jc/article?k=2018112100872

 【パリ時事】日産自動車会長のカルロス・ゴーン容疑者が逮捕された事件で、フランスのルモンド紙(電子版)は20日、「(仏自動車大手)ルノー経営陣から日本側の『クーデター』だという声が出ている」と伝えた。経済紙レゼコーは、日産の西川広人社長が「目をかけてくれたゴーン氏を公共の場で引きずり下ろした」と報じ、古代ローマのカエサルを殺害した「ブルータス」だと断じた。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!