新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

7~9月のGDP改定値、年率マイナス2.5%に下方修正!速報値から大幅に変化!マイナス1.2%⇒マイナス2.5%


内閣府が今年7月から9月までのGDP(国内総生産)改定値を発表し、その中で当初の速報値よりも大幅に悪い数字になっていたことが分かりました。

内閣府によると、7月から9月までのGDP改定値は物価の変動を除いた実質の伸び率がマイナス0.6%となり、年率換算でマイナス2.5%に減少したとのことです。最初の速報値ではマイナス1.2%だったことから、2倍もマイナスの数字が拡大したことになります。

分野別で見てみると、落ち込みが激しかったのは「企業の設備投資」で、速報値のマイナス0.2%が改定値だとマイナス2.8%に大きく減少していました。他の分野でも速報値の数字より大幅に落ち込んでいる傾向が見られ、速報値がプラス方向に水増しされていたと言えるでしょう。

 

2018(平成30)年7~9月期四半期別GDP速報 (2次速報値)
https://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/data/data_list/sokuhou/gaiyou/pdf/main_1.pdf

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!