新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

国民皆歯科健診の導入検討 全国民に毎年の歯科健診を義務付け 政府が本格調整へ


政府が全国民に毎年の歯科健診を義務付ける「国民皆歯科健診」の導入を本格的に検討していることが分かりました。

これは産経新聞が報道したもので、政府は国内の歯科健診の受診率が低いとして、国民全員を対象にした歯科健診の義務付け制度を導入するべきだと指摘。
すでに自民党ではプロジェクトチームを立ち上げ、皆健診制度の検討を進めており、政府が6月上旬にもまとめる経済財政運営の指針「骨太の方針」に盛り込むとしています。

来年にも導入までの具体的な内容を固め、議員立法を制定する方向で調整作業が急がれています。

この義務化は健康増進法に基づく歯周病対策の検診として動いているようですが、国民からは早くも反対や懸念の声が噴出。
日本歯科医師会(日歯)と政府の利権誘導ではないかとして、ネット上だと義務化に反対を訴えるコメントが飛び交っていました。

 

<独自>「国民皆歯科健診」検討開始へ 骨太方針
https://www.sankei.com/article/20220529-IVWVKYN25FKELBNCJ6HEC5OYP4/

政府が6月上旬にまとめる経済財政運営の指針「骨太の方針」に、全国民に毎年の歯科健診を義務付ける「国民皆歯科健診」の導入に向け、検討を始める方針を明記することが29日、分かった。歯の健康を維持して他の病気の誘発も抑え、医療費全体を抑制する狙いがある。政府・自民党では令和7年頃の導入を目指す。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!