新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

札幌の大爆発、アパマン社長が記者会見で問題発言!「客からスプレー料金を取ったが、作業をしていない物件がある」


札幌市の爆発事故について、爆心地付近にあった不動産会社「アパマンショップリーシング北海道」が謝罪会見を行ったところ、社長の口から驚きの情報が飛び出てきました。

記者会見を行った佐藤大生社長は謝罪の発言をした上で、「爆発があった店舗では除菌や消臭の料金を客から受け取っておきながら、スプレーを使った消臭の作業を行っていない物件があると聞いている。どのくらいの数になるか調査している」とコメント。
爆発直前の状況に関しても「店舗を2日後に新装する予定で、消臭スプレー缶の在庫を整理するためにガス抜きをした際、給湯器のスイッチを押して爆発が起きた」などと説明しました。

今回の爆発事故ではアパマンショップが店舗で大量に取り扱っていた消臭スプレーのガス抜き作業が原因になったと見られています。この消臭スプレーは利用客に対して数万円単位で不動産契約と一緒に結ばせることがあり、ネット上では前々から「ボッタクリだ」と批判を受けていました。

社長が「スプレーそのモノを使っていない物件がある」と認めたことは非常に大きいと言え、詐欺行為にも触れている可能性がありそうです。

 

札幌 爆発起きた店舗の運営会社社長が謝罪
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181218/k10011751621000.html

スプレー缶は仲介する物件の室内を除菌・消臭するために使うことになっていますが、佐藤社長は「爆発があった店舗では除菌や消臭の料金を客から受け取っておきながら、スプレーを使った消臭の作業を行っていない物件があると聞いている。どのくらいの数になるか調査している」と述べました。

佐藤社長は「お客様に失礼だし、あってはならないことだと思う。正直なところ契約が多くて回りきれていなかったと聞いている。反省し、精査したうえで、対応していきたい」と述べました。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!