新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【逆ギレ】レーダー照射問題、韓国国防省が「低空飛行」で日本に謝罪要求!


韓国海軍による日本軍機へのレーダー照射問題で、韓国国防省が日本に謝罪を要求しました。

報道記事によると、1月2日に韓国国防省報道官室は「人道的な救助活動中だったわが国の艦艇に対し、威嚇的な低空飛行をした」というような声明を発表し、自衛隊機のが威嚇的な低空飛行を行ったと反発。
日本に謝罪を要求した上で、「わが国の艦艇は哨戒機に(火器管制用)追跡レーダー(STIR)を照射しなかった」などと反論しました。

韓国側は日本の映像を虚偽だと指摘していましたが、日本の映像を根拠にして自衛隊機の低空飛行を批判した形です。

ただ、自衛隊機が飛んでいた場所は日本の領海側で、救助活動だったことを考えると飛行高度も普通でした。例えば、アメリカ軍は過去にロシア軍機と近距離でニアミスをしていますが、その時はお互いに何もしていません。
アメリカ海軍は「高度180m距離500m程度の接近飛行をされても全く脅威ではない」との認識で、距離が近いことを理由に友好国の軍隊にレーダー照射をするのは異例中の異例です。

韓国軍の声明に日本国民からは批判の声が相次ぎ、日韓関係にも深刻な悪影響を及ぼしています。
 

韓国国防省「低空飛行」で日本に謝罪要求=哨戒機レーダー照射問題
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019010200308&g

 【ソウル時事】海上自衛隊のP1哨戒機が韓国駆逐艦から火器管制レーダーの照射を受けた問題で、韓国国防省報道官室は2日、声明を出し、哨戒機が「人道的な救助活動中だったわが国の艦艇に対し、威嚇的な低空飛行をした」として、謝罪を要求、実務協議の開催を呼び掛けた。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!