ヘッドライン

大阪のAKBイベントにはしか患者、大阪市が感染拡大に注意喚起!京セラドーム大阪のイベント 受診前に連絡を

*京セラドーム
1月6日に大阪市の「京セラドーム大阪」で行われたAKB48のイベントにはしか(麻疹)患者が参加していたとして、大阪市が感染拡大に注意を促しています。
はしか患者が確認されたのはAKB48のイベント「NO WAY MAN」で、当日は握手会などでファンとの交流が行われていました。

大阪市は1月17日付で注意喚起を行い、公式ホームページ上で「施設を利用した方は、利用後3週間以内に麻しんを疑う症状が現れた場合はすみやかに受診してください」と呼び掛けています。

はしかは感染すると約10日後に発熱や咳、鼻水といった風邪のような症状が現れ、2~3日熱が続いた後、39度以上の高熱と発疹が発生することが多いです。はしかの感染力は非常に強く、マスクでもあまり効果がないと言われているので、症状が出た方は早めに受診してもらうことをオススメします。
*医療機関に受診される場合は、事前に電話で麻しんに感染しているおそれがあることなどを伝え、受診の仕方を確認してから受診してください。

 

麻しん(はしか)患者の発生に伴う注意喚起について
http://www.city.osaka.lg.jp/kenko/page/0000458730.html

 大阪市では、平成31年1月15日(火曜日)、三重県より、三重県内で集団発生した麻しん患者の一人が感染可能期間に大阪市内で開催されたイベントに参加し、また大型商業施設を利用していたとの情報提供を受けました。三重県が実施した当該患者の疫学調査の結果、これらの施設等で不特定多数の方に接触していることがわかりましたのでお知らせします。
当該患者と接触した方が麻しんに感染している可能性があるため、広く情報提供するものです。
1 患者概要
10代 男性 三重県在住
主な症状:発熱、発疹、結膜充血、咳、鼻汁

2 経過
1月5日 咳、鼻汁
1月6日9時頃 近鉄電車(大阪線)、阪神電車(なんば線)で三重県から京セラドーム大阪へ移動
京セラドームで開催されたイベントに参加
隣接するイオンモール大阪ドームシティを利用
21時頃 往路と同経路で帰宅
1月8日発熱、発疹、結膜充血
1月10日麻しんと診断

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

ヘッドライン

   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    子供が眼科に受診の為来ているのですが、子供がインフルなのに連れてきてる方がいます。
    自分の子にうつったら最悪だ。

  • 匿名 より:

    こんなので騒ぐのに五輪やりたいの?

    なんか矛盾感じる

  • 匿名 より:

    そいや握手会とか一人感染者居たら全員とは言わなくともかなり広がるか
    握手前のファンに殺菌お手拭きで拭くのをルールにしてしまうべきかな
    変な物付けてくるのの対策にもなるし

  • 匿名 より:

    意図的バレバレ

  • 匿名 より:

    「AKB商法にブレーキをかけるいい方法が発見されました」
    「感染症を患っている皆さん。ご協力お願いします」ってか。いいじゃない!

  • 匿名 より:

    世界救世教の流れを汲むミロクコミュニティ救世神教 (MC救世神教) が昨年末に開催した「
    中高生2世信者研修会 (SWING)」の参加者で集団感染が発生したと、MC救世神教自身が認めた。
    MC救世神教は反ワクチンとEM菌の普及を推進している。

  • 匿名 より:

    ↑今はどうなのかは知りませんが,世界救世主教は,無農薬・無化学肥料などにも取り組んでいました。有吉佐和子氏の1970年代の作「複合汚染」にも紹介されていました。

  • 匿名 より:

    「やや日刊カルト新聞」によると、MC救世神教は反ワクチンを煽っておきながら、「義務であれば受けなくてはいけないけど(笑)、義務じゃないものは任意なので自己責任、本人が意思で決定している。任意なので受けなくてよいという指導はしていない」と説明しているらしい。

    余命三年の大量懲戒請求事件と同じ言いぐさ。

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next