サマータイム(夏時間)の導入、世論からは批判殺到!与党は五輪後の恒久的運用を検討へ

*官邸
安倍首相が政府与党に導入検討を指示させたサマータイム(夏時間)ですが、国民からは批判の声が殺到しています。欧米だとサマータイムは生活リズムなどを崩す恐れがあるとして、廃止を検討している国が出現。
サマータイムの効果を巡って有識者の意見も割れている状態で、導入しても良い効果があると言い切れない状態です。

しかも、来年2019年には天皇陛下の生前退位で元号が変わるわけで、エンジニアの負担も増大することになるでしょう。ネット上だと「サマータイムなんていらない!」「オリンピックの時間を変えればよいだけ」「東京五輪でなんでやる必要があるのか」などと不満の声が多く見られました。

一方で、安倍晋三首相は「国民の関心は高い。やるならば国民生活に影響する」とコメントしており、サマータイムの導入を前向きに検討しています。
国民生活が激変するリスクがあるだけに、サマータイム導入は慎重な議論が必要になるところです。

 

東京五輪終わっても「サマータイム」恒久的運用へ 議員立法による成立を目指す
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180808-00000025-sph-soci

 安倍晋三首相(63)は7日、2020年東京五輪・パラリンピックの暑さ対策などを含め、国全体の時間を夏の間だけ2時間早めるサマータイム(夏時間)制度について検討するよう自民党に指示した。当初は19、20年の2年に限る案もあったが、五輪を契機に恒久的に夏時間を運用する方針であることも党幹部らへの取材で分かった。安倍首相と官邸で会談した大会組織委員会の森喜朗会長(81)によると、安倍首相は「国民の関心は高い。やるならば国民生活に影響する」などと語ったという。

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next
   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • タロ より:

    日本メディアから政治関連が消えた、ニュースまでも下らない三面記事の雑魚で溢れている。
    政治に関心を持たない様に誘導し、棄民政策やりたい放題。
    批判も指摘もされない独裁は暴走を加速し続けている。