【注意】首都圏に寒波襲来!東京でも積雪の恐れ、東日本のほぼ全域が雪!朝は路面凍結に警戒を


東日本の広い範囲で気温が急低下しています。気象庁によると、1月31日の最低気温は東京で1℃、宇都宮もマイナス3℃まで低下する見通しで、首都圏の全域が強い寒波によってかなり冷え込んでいるとのことです。
このままだと今夜にも東京で雪が降る可能性が高く、関東北部の山沿いで20センチ、関東地方の平野部では5センチの積雪が予想されています。

東日本のほぼ全域が積雪予想となっている状態で、明日朝は路面凍結にも注意が必要だと言えるでしょう。西日本も全体的に気温が低く、こちらも車の運転や足元には十分に気をつけてください。

 

気象庁 天気予報
https://www.jma.go.jp/jp/highresorad/

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next
   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    テレビで少し様子見たけど、関東のドライバーの意識が全然なってないよね。
    冬の箱根にスタッドレスタイヤ履かないで夏タイヤで行くんだもん。
    もうね、12月になったらスタッドレスタイヤ義務付けの条例でも制定しないとダメだね。
    これ以上JAFに迷惑かけるんじゃないよ。