鳩山由紀夫元首相のCCS地震説、日本CCS調査は否定 「貯留地点は震源から40キロ以上離れている」

*北海道地震
鳩山由紀夫元首相が昨年9月に発生した北海道胆振東部地震や先日の余震を「人災」と批判した問題で、国立環境研究所は公式ツイッターを通して「基本的には無関係」とのコメントを発表しました。

苫小牧でCCSの実証試験を行っている日本CCS調査株式会社は「地震の震源は貯留地点より水平距離で約31km離れた胆振地方中東部の深度37kmで発生しております(深さを考慮した直線距離で約47km)。実際の二酸化炭素が圧入された地層と地震の震源が位置する地層とは連続性がなく、二酸化炭素の圧入による影響が本地震の震源まで及んだとは考えられません」というような見解を出しており、公式資料の中でも震源の位置や断層の状態から地震誘発は無かったとしています。

↓CCSの注入作業と地下への影響

9 月 1 日(土) 2:25 CO2含有ガス供給元の都合により送気停止・圧入停止
待機状態で維持
9 月 5 日(水) 11:00 CO2含有ガス供給元からの送ガス再開まで時間が必要と判明
17:00 待機から停止状態に移行
9 月 6 日(木) 3:07 地震発生
3:08 地震感知(現地地震計 158gal)、北海道電力(北電)特高停電
3:25 全停電
4:40 無停電電源装置(UPS)停止
5:37 頃 モニタリング測定停止
8:00 設備異常がないことを確認
9 月 8 日(土) 11:18 北電から特高受電再開
12:15 実証試験センター通電確認完了
14:50 地震前の停止状態に復旧(計装空気・窒素・工水運転)
9 月 9 日(日) 15:00 インターネット環境復旧
9 月 10 日(月)11:45 頃 モニタリング機器定期点検中の観測井 OB-3 を除き、モニタ
リング観測再開

↓CCS作業現場と周囲の地盤

管理人が独自に調査してみたところ、「CO2注入が地震を誘発する」との論文は海外を含めて複数ありました。ただし、CCSが必ず地震を起こすことを示しているわけではなく、あくまでも「時と場合によっては地震を誘発する恐れがある」となっています。

大なり小なりCCSが地中を刺激するのはほぼ確実だと思われますが、それだけで「関係がある」「CCSが地震を引き起こした!」と断定するのは難しいところです。北海道地震の例だと震源から直線距離で40キロ以上も離れていることもあり、鳩山氏の発言だけでは断定するほどの根拠になるとは思えません。

 

鳩山由紀夫、北海道地震を“人災”と発信で物議 「事実無根の持論で国民の不安を煽る」と批判の声
https://news.nifty.com/article/domestic/society/12184-46273/

今回の地震については、気象庁から昨年9月に最大震度7を記録した北海道胆振東部地震と震源が近く、「一連の地震と考えられる」という見解が発表されている。前回の地震発生後、国立環境研究所は公式ツイッター上で「(CCSと地震は)基本的には無関係」とコメントしており、苫小牧でCCSの実証試験を行っている日本CCS調査株式会社も、「地震の震源は貯留地点より水平距離で約31km離れた胆振地方中東部の深度37kmで発生しております(深さを考慮した直線距離で約47km)。実際の二酸化炭素が圧入された地層と地震の震源が位置する地層とは連続性がなく、二酸化炭素の圧入による影響が本地震の震源まで及んだとは考えられません」と発表していた。

北海道胆振東部地震のCO2貯留層への影響等に関する検討報告 平成30年11月 日本 CCS 調査株式会社
http://www.japanccs.com/wp/wp-content/uploads/2018/11/report_201811217.pdf

CSS論文
https://www.nap.edu/read/13355/chapter/3

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next
   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    北海道の感覚なら40キロなんて近所なんだろ

  • 匿名 より:

    国立環境研究所の発表からは「理系の専門バカ」のにおいが(プンプンとまではいきませんが)ほのかにただよってきます。
    「我々は影響を完璧にモニタリングできている」と言いたげで、自信たっぷりですが、「人智を越えた」ことが、実際起こるのが、この現実世界です。
    「完璧なモニタリング」は永久の目標だし、近づける努力をしておられるとは思いますが、常に「一抹の不安」を持ち続けることこそが、思わぬ事故を予防する上で大切なのです。

  • 匿名 より:

    新潟中越の帝国石油の圧入時にも圧入地点から離れた震源地が揺れて、後に地下水脈に沿って圧力が高まり離れた場所で発震と解明されてて、今回もほぼその類だと思われます。
    地下水脈がわかる地図が有れば簡単に検証出来るのですが、地上部分に出てる地形だけでもある程度の地下水脈は見当がつくと思います。

    地下水脈だとしたら、その内地下水脈に沿って流れ出たco2が環境に流れ出し、大量のイワシなどの小魚が酸欠で死んで大量に浮かびます…あっ!

  • 匿名 より:

    問題なのはですね、鳩山氏が「CCSが原因」と決めつけてツイートしてしまったこと。なぜ「今」この余震も本震もあるかもしれないと道民が恐怖しているなかでコレを発信しなければなかったのか、ということ。なにももう少し落ち着いた平時に「あの地震にはCCSが関連しているかもしれない」とタイミングを読めなかったんですかね・・・

    ※ちなみにアタシは「CCS否定」です。地震は「自然の摂理」説をとります。

  • 匿名 より:

    鳩山氏はフリーメイソンですから
    事前に地震が起こるのを知っていたのでしょう
    高須クリニックのジジイもフリーメイソン

  • 匿名 より:

    地震の話題が出たので、311の被災地の現在のニュースを見てみた。
    岩手・宮城・福島の計42市町村の首長の半数以上が、外国人労働者受け入れに賛成、4月からの法改正を待ちわびている
    (製造・農林・介護・福祉・漁業・水産加工ほかへ)
    特に若い世代が避難移住した、高度汚染地域で希望が強いとのこと(河北新報)
    なんだか安倍政権の思うつぼ

  • 匿名 より:

    もう無理だろ。放射性物質と同じで「何言っても無駄」状態が形成されるよ。
    反対運動が起こり事業は停滞。
    お金だけが溶けていき、結果は出せない。

  • 匿名 より:

    地震は地殻の歪みが動くときに発生するもの。きっかけは月の引力かもしれんし、もしかしたらCCSかもしれん。
    もし仮に鳩山の言が正しいとすると、遠からず起こるはずのより大規模な地震が、CCSをきっかけに、より小さい規模で起こったということになる。つまりはCCSによって被害は小さくなったといえる。
    地震の予知は極めて難しいが、計画的に地震のエネルギーを放出させることはできないかな。

  • 匿名 より:

    自民の青山繁晴議員が100億もかけたのに日本海側のメタンハイドレートの採掘を諦めたのは地震が起きるの知ってたからだと思います。
    地層の中にあるメタンハイドレート層へco2圧入するco2置換ガス回収方法で生産試験を成功させたアラスカもその後巨大地震に見舞われたから。
    初期には南海トラフで研究されてたみたいですが…

    現在岩手の八幡平の地熱発電でもco2圧入始めましたよ。
    それも巨大火山地帯の上に…

    当然現政権も知ってるし、鳩山氏も知ってるから自戒の念で警告したのでは?

  • 匿名 より:

    しかし、今後のCCSの予定は大都市圏ばかり
    そこでなければダメなのか?

  • 匿名.com より:

    >「基本的には無関係」

    「無関係」では無いと言う事。 

    と 同義

    「なにがしかの関係があるかもしれない」

    との事である。

  • RR より:

    なにせ日本でCCS(Carbon dioxide Capture and Storage)のStorage(貯蔵)の方の
    実証実験を行った場所は長岡と苫小牧しかない。その長岡と苫小牧からの水平距離で
    15~30Km以内の場所で実験中または実験後2年半以内に中越、中越沖、胆振東部という
    21世紀に入ってからの指折りの地震が起きているんだから。

  • arara より:

    力作ですね、拝読しました。

    ●実は国の重要資料が存在しますが、現在は隠されてしまった状態です。なぜでしょうか。
    経済産業省 > 政策について > 審議会・研究会等 > エネルギー・環境 > CCS実証試験実施に向けた専門検討会‐とりまとめ
    http://www.meti.go.jp/committee/kenkyukai/sangi/ccs/report_001.html

    しかし幸いなことにまだInternet Archiveに残っています。よかった。
    https://web.archive.org/web/20170430074141/http://www.meti.go.jp/committee/kenkyukai/sangi/ccs/report_001.html

    その中からのPDFファイルも読めます。地震を軽く起こすところまで圧を上げてデータを取得しようということも提案されています。鳩山氏がネトウヨから頭から嘲笑されていますが、当初乗り気だったからこそフォローして危険性も認知しているのでしょう。

    誰かが蓋をしようとしています。消されない内にすべてダウンロードしておくことをおすすめします。

  • 匿名 より:

    長岡のCCSの際に甚大な被害が出た山古志村は錦鯉の産地で、地震が起きた頃も外国人が押し寄せ賑わっていた。
    なぜか地震当日だけ外国人の姿が朝から全く見えなかったが、立ち入り禁止の村にこっそり戻った村人達は、科学者風に地震の影響を調査している外国人錦鯉マニア達を目撃・・・という話を山古志の人から聞いた。何してたんだろう?
    相当な土地勘がないと、迂回してたどり着けないのだとか。
    フジテレビが無人の村に残された犬の子育てを感動映画にしたけれど、実際は地震直後は平時より村に人が多かったとのこと。

  • 匿名 より:

    CCSが地震誘発させる可能性があるという事をこれまで知りませんでした。
    今回の地震の起因となったかについては正直、まだ半信半疑だが警察がデマだとすぐに警告を出したあたり官邸が動いた可能性は高そうですね。
    安倍肝入り案件なのか、鳩山叩きなのかは分かりませんが。
    まぁCCSは三菱重工受注みたいだからね。

  • 名無し より:

    arara氏 2019年2月25日 3:48 AM
    元々のリンクが消されてたので、アーカイブリンク感謝
    CCS実証試験実施に向けた専門検討会‐とりまとめというページから
    参考資料3 地震との関係について(第3回検討会資料)←あたりが面白そう
    コレお題からして分かってるんだよね。 資料日付 平成23年11月28日
    意図的に発生させた地震としてテキサス州の例を、間隙圧の上昇に伴って誘発される地震としてコロラド州の例を上げている。
    苫小牧実証試験における地震誘発の可能性についての検討 という項目も。
    検討結果のまとめの中に「圧入試験と地震との因果関係を明らかにする上でも、石狩低地東縁断層帯南部周辺を対象とした観測を実施することが重要である。」 実験台?どうなのこれ、そりゃ消すよね

  • 匿名 より:

    苫小牧は追加で8万トン圧入予定ですが
    実験継続なのね

  • 匿名 より:

    福島の時は計50万トンでしたね。
    シュミレーションが終わった時点では東京湾に年間1000万トン入れるはずだった。
    初めて直ぐに東京湾震源の地震が起きてびびって止めたみたいだけど。

  • 匿名 より:

    CCS (CO2地層注入)と地震の話、という科学的な問題は、この鳩山氏の懸念から初めて知る事が出来た。非常に科学的な知的な話で、もとより“デマ認定”等という権力志向の超早期発動とは、相容れない筈の知的な議論を呼び起こしている。ここのコメント欄にも沢山出て来た、非常に知的探求心の有る人々の学びに繋がっている事が、この発言のデマ説を凌駕している。もっと、知的な話をしているのだ。

  • 匿名 より:

    2019年2月24日 11:16 PM
    管理人さんと一緒だね

  • 匿名 より:

    そうCCS事業は北海道地震の震源地もモニタリングするよう資料が残っている
    なのに実際に地震が発生すると距離があるから考えられないとか寝言を言っている

    そもそも関係が考えられないってなんだよ
    関係ないって完全否定できないんだろ

  • 匿名 より:

    CCSは「遠隔地に地震を起こす」メカニズムが指摘されている
    そこそこ距離があることでシロになるわけではない

  • 匿名 より:

    科学者たちと政・官・財は国民の未来より私利私欲へと暴走しがちだから・・・CCS?
    信じられないなあ~?

  • 匿名 より:

    たとえ鳩山の推測が間違いだったとしても、今回の発言って、警察が緊急で注意喚起するような緊迫したデマとは少し違うように思いますがね。

  • 匿名 より:

    〉実際の二酸化炭素が圧入された地層と地震の震源が位置する地層とは連続性がなく

    何で、二酸化炭素を圧入するの?
    誰か、教えて下さい

    〉基本的に関係ない
    ,
    基本的?
    全くないんじゃないんだね。
    関係ありそう
    地盤のゆるい所に、影響でたんだろ?

  • CCS地震原因説は科学的に研究されている人工誘発地震とは全く違います。

  • 匿名 より:

    陰謀論信者おもしろいな
    お前らが歩く振動で大地震起きる恐れがあるから一歩も出歩かないでくれよ

  • 匿名 より:

    CCS地震原因説に知的好奇心を刺激された人々の隠し切れない溢れ出る知性と、火消しに奮闘するコメントを見比べると面白い

  • 匿名 より:

    外を出歩く事で地震が誘発される可能性と
    CCSで地震が誘発される可能性は違うってのは理解できてるっぽいのに
    何故か地震で発生するエネルギー及び誘発するために必要なエネルギーは考慮して考えられないなら
    加えて言うならそのエネルギーに深度や距離を加味して必要エネルギーがどの程度か考えられないなら
    やっぱり陰謀論信者ってアホだなぁ としか言えないよね。

  • 匿名 より:

    ダイナマイトを爆発させるのに必要なエネルギーは導火線の火花程度で十分なのに、それをダイナマイトの威力並みのエネルギーが必要だと思い込んでる残念な人がいるみたいですね。

    それとも印象操作ですか?

    それはそうと、早速海側にもco2が漏れ初めて噴火湾で養殖ホタテが大量死している問題。道や専門家などが25日、対策会議を開き今後の対応などについて話し合いましたよ。

  • >ダイナマイトを爆発させるのに必要なエネルギーは導火線の火花程度で十分なのに、それをダイナマイトの威力並みのエネルギーが必要だと思い込んでる残念な人がいるみたいですね。

    2019年2月26日 6:44 PMと12:39 PMのコメントをよく読んだ方がいいと思いますよ。
    「誘発するために必要なエネルギー」が「導火線の火花程度で十分」なら「お前らが歩く振動で大地震起きる恐れがある」ことになりますよね。
    「お前らが歩く振動で大地震起きる恐れ」がないなら「誘発するために必要なエネルギー」は「導火線の火花程度」では足りないことになりますよね。
    距離が離れれば離れるほど「ダイナマイトを爆発させるのに必要なエネルギー」は大きくなります。
    ダイナマイトに直結された導火線だからこそ「火花程度で十分」なのであって、何十kmも離れた所で火花が飛んでもその程度で誘爆するわけがありません。

  • 匿名 より:

    >ダイナマイトに直結された導火線だからこそ「火花程度で十分」なのであって、何十kmも離れた所で火花が飛んでもその程度で誘爆するわけがありません。

    CCSで入れられる液化co2の圧力(火花)は地下水脈(導火線)を伝って何十キロも離れたダイナマイト(震源地の花崗岩など)に伝わるって事を例えとして書いてるのですが伝わらなかったみたいですね。
    このメカニズムも新潟中越地震の帝国石油の時に検証されてたと私は記憶しています。

    人が歩く振動は東京などなら重なり合い増幅され震度1以下ですが常に地面を揺らしてますが、それは強振モニターなどで誰でも確認出来ます。
    日中は揺れてる地方都市なども夜は揺れてないのは活動してる人や車の振動が減るからです。
    ただし、導火線になり得る要素が無いから大地震には繋がりません。

  • >CCSで入れられる液化co2の圧力(火花)は地下水脈(導火線)を伝って何十キロも離れたダイナマイト(震源地の花崗岩など)に伝わるって事を例えとして書いてるのですが伝わらなかったみたいですね。

    その「地下水脈(導火線)」とやらが人工的に敷設した管路のような完全に密閉された直線上のものであれば、「何十キロも離れたダイナマイト(震源地の花崗岩など)に伝わる」ことはあり得るでしょう。
    しかし、直線上のものでなければ距離が離れるにつれて減衰しますし、密閉されていなければ外にエネルギーがどんどん漏洩します。
    それでは「火花程度」が「何十キロも離れたダイナマイト(震源地の花崗岩など)に伝わる」ことはあり得ません
    科学的に適切に「検証されてた」ならばそれくれいは容易にわかるはずです。

  • 匿名 より:

    >人工的に敷設した管路のような完全に密閉された直線上のものであれば、「何十キロも離れたダイナマイト(震源地の花崗岩など)に伝わる」ことはあり得るでしょう。

    あなたの家の水道の配管は浄水場から直線で来てますか?
    途中途中で各家庭が水出すとあなたの家では水が止まるんですか?
    例え話だと理解しにくいですか?

    勿論他にも漏れまくってますよね、昨年頃から圧入と時期を同じくして周辺海域ではイワシなどの大量死など起きてるんですから。

    火花が違う場所でついても伝播するエネルギーが何十キロも離れたダイナマイト(震源地の花崗岩など)に伝わることはありますよ?
    雪崩の現象と同じように。

    狭い範囲ででしか考察しないから容易にわからないのだと思います。

  • 匿名 より:

    >あなたの家の水道の配管は浄水場から直線で来てますか?
    >途中途中で各家庭が水出すとあなたの家では水が止まるんですか?
    >勿論他にも漏れまくってますよね、昨年頃から圧入と時期を同じくして周辺海域ではイワシなどの大量死など起きてるんですから。

    「他にも漏れまくってます」とは、当然、地下水脈の話ですよね?
    言うまでもなく、完全に密封された直接管路に所々設けられた分岐によって水圧は一定程度下がります。
    それと、全く密封されてなくて「漏れまくって」て、かつ、直接状ですらない自然の地下水脈では、水圧の減衰の程度が全く違うことが理解できないのでしょうか?
    例え話だと理解しにくいですか?

  • 匿名 より:

    >火花が違う場所でついても伝播するエネルギーが何十キロも離れたダイナマイト(震源地の花崗岩など)に伝わることはありますよ?
    >雪崩の現象と同じように。

    導火線は減衰する熱エネルギーを芯に含まれる火薬の発火で補っています。
    雪崩では減衰する運動エネルギーを位置エネルギーで補っています。
    さらに、途中に積もっていた雪を巻き込むことで、巻き込んだ雪の位置エネルギーも取り込まれます。
    このような仕組みのない単なる水圧の伝搬では減衰分を補うことはできません。
    エネルギー保存則を考察しないから容易にわからないのだと思います。

  • 匿名 より:

    文脈から分かると思いますけど、もしかすると「直線状」だと曲がっていないという意味に誤解されかねないから「線状」と表現すべきですね。
    ついでに、
    東京都の場合、給水所か各家庭までの距離は2km以内です。
    管路の距離でも数km程度でしょう。
    ある瞬間、同時に蛇口を開いている家庭がどれだけあるか、その蛇口の開き具合を考えれば、自然の地下水脈の水圧減衰とは全く違うことがわかるはずです。
    ちなみに、貯水槽を使っている集合住宅では風呂や食事の時間に大多数の人が蛇口を開くことで水圧が低下することがよくあります。
    公共の水道では、利用者数が多いので、確率的に平均化されるので、そういうことは起きません。

  • まとめます。

    水道も伝搬距離によって水圧が減衰します。
    しかし、伝搬距離が数km以内であること、広がりのない管路上を伝搬すること、分岐は多数あるものの利用者の多くは同時に開栓していないこと等により、減衰量は水道利用に支障がない程度に収まります。
    一方で、平面上の広がりがあり、かつ、上方向も密閉されていない地下水脈では、単位距離あたりの減衰量は水道よりはるかに大きくなります。
    距離も数10km離れているとなれば、さらに減衰量は大きくなります。
    よって、自然にできた地下水脈で数10km離れた場所に地震を誘発できる程度の水圧を伝えることはありえません。

    導火線が熱を長距離にわたって伝えられるのは、火花によって導火線内の火薬が発火し、その熱で減衰する熱エネルギーを補給できるからです。
    雪崩では、摩擦によって運動エネルギーが減衰しますが、下に落ちることによって位置エネルギーが運動エネルギーに変換されます。
    位置エネルギーから運動エネルギーの転換分が摩擦による運動エネルギーの減衰を上回れば、運動エネルギーがどんどん増えます。
    さらに、途中に積もっていた雪を巻き込むことで、巻き込んだ雪の位置エネルギーも取り込まれ、これも落下に伴って運動エネルギーに変換されます。
    このように、補填≧損失が成り立つ時は減衰なき長距離伝搬が可能になります。
    しかし、ただ水圧をかけているだけではこのような補填は生じません。

    一万歩ほど譲って、水圧を減衰させずに伝えることができるなら、圧入開始とともに震源が刺激されてすぐに地震が起きるはずです。
    北海道胆振東部地震は圧入開始から2年5ヶ月経って発生しており、水圧の減衰がなかったとしてもCCS原因説では全く説明できません。

  • >実は国の重要資料が存在しますが、現在は隠されてしまった状態です。なぜでしょうか。

    2016年度以前の資料が整理されましたが、別に隠されてなどいません。
    旧リンク作の下の方にある「『インターネット資料収集保存事業(Web Archiving Project)』ホームページ外部リンク」から辿れば、国立国会図書館のサーバーに保管された情報にアクセスできます。
    http://warp.da.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3507775/www.meti.go.jp/committee/kenkyukai/sangi/ccs/report_001.html

  • >地震を軽く起こすところまで圧を上げてデータを取得しようということも提案されています。

    そんなこと何処に書いてあるのでしょうか?
    誘発地震の可能性はないが注意は必要で重点的にモニタリングする必要があるとは書いてあります。
    資料は全般的に誘発地震が起きないことを前提に書かれており、誘発地震が起きることを前提とした「地震を軽く起こすところまで圧を上げて」のような記載は見当たりません。
    「遮蔽層の破壊圧を基に算出した圧入圧力の上限値を超えないようにすることが不可欠」とも書いてありますが、「遮蔽層の破壊圧」はCO2が漏れ出す限界であって「地震を軽く起こすところ」は全く違うことです。

  • ↓こちらの投稿が先だったはずです。

    >実は国の重要資料が存在しますが、現在は隠されてしまった状態です。なぜでしょうか。

    2016年度以前の資料が整理されましたが、別に隠されてなどいません。
    旧リンク作の下の方にある「『インターネット資料収集保存事業(Web Archiving Project)』ホームページ外部リンク」から辿れば、国立国会図書館のサーバーに保管された情報にアクセスできます。
    http://warp.da.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3507775/www.meti.go.jp/committee/kenkyukai/sangi/ccs/report_001.html