新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

厚生労働省の不正統計問題、メールに「官邸関係者に報告」と記載!統計調査の官邸側への状況報告は異例


厚生労働省の不正統計問題で、新たな疑惑が浮上しています。厚生労働省が2月22日の衆院予算委員会理事会で毎月勤労統計の調査手法変更に関するメールを公開し、その中に「検討会での検討結果等については官邸関係者に説明をしている段階」というようなやり取りが記載されていました。

これは厚労省の担当者が2015年9月4日に有識者検討会の阿部正浩座長に送ったメールです。
更には9月14日午後4時8分のメールには「委員以外の関係者と調整をしている中で、部分入れ替え方式で行うべきとの意見が出てきた。報告書案ではなく、中間的整理案とのとりまとめを考えている。サンプルの入れ替え方法についても『引き続き検討する』と記述する予定」などと具体的な提案を書いてありました。

このメールについて国民民主党の玉木雄一郎代表は「今までの答弁が、全くの虚偽答弁だった可能性がある」とコメントし、今週の国会で引き続き追求を強めるとしています。首相官邸は答弁の見直しを迫られる可能性が高く、内容によっては政権を揺るがす騒動に発展しそうです。

 

統計不正、厚労省がメール公開 官邸関係者に報告と明記
https://www.asahi.com/articles/ASM2Q64GLM2QUTFK022.html

 厚生労働省は22日の衆院予算委員会理事会で、毎月勤労統計の調査手法変更に関するメールを公開した。厚労省が有識者検討会での検討状況を首相官邸関係者に報告していることや、「委員以外の関係者」からの意見により「総入れ替え方式が適当」としていた結論を取りまとめ直前に変更する方針が明記されていた。野党側は手法変更への官邸関与があったとして追及を強める構えだ。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!