新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

第2波非常事態宣言、岐阜県が住民向けの注意情報を発表!名古屋由来のクラスター感染が増大と指摘


*岐阜県
7月31日に岐阜県が第二波非常事態宣言を発表し、愛知県との交流を出来るだけ控えるように要請しました。

岐阜県の吉田知事は記者会見を行い、岐阜県で発生したクラスター感染の多くは名古屋由来だと明かし、「名古屋での飲食行為は出来るだけ回避して欲しい」と言及。他県への移動も自粛するように求め、明日から夏休みシーズンに突入する学生たちにも注意を促していました。

岐阜県では過去最多の感染者数が毎日更新されている状態で、急増した感染報告に危機感が強まって今回の非常事態宣言を決断したとしています。
7月から急増した感染者を事実上の第二波と断定しており、引き続き感染防止策の徹底と医療体制を強化するとしていました。

他にも沖縄県が県独自の非常事態宣言を出したばかりで、国の対応が遅いとして、国側に何らかの支援や対策強化を求める声も多いです。

 

「第2波非常事態」に対する緊急対策について(知事メッセージ)
https://www.pref.gifu.lg.jp/kinkyu-juyo-joho/dai2hahijyouzitai.html

(1)県民の皆様へ
○愛知県、特に名古屋での酒類を伴う飲食の回避
(感染状況、防止対策について愛知県、名古屋市と積極的に情報共有)

○学校夏休み、お盆休み対策の徹底
・児童生徒は、健康チェックカードによる毎日の体調管理。
・保護者は、児童生徒の感染防止対策の確認。
・教員は、自らの感染防止対策の遵守と体調不良時の報告。
・大学生は、特に、締め切った場所及び多人数での懇親会やパーティー、カラオケを自粛。
・学校内の「衛生管理者」による校内コロナ衛生管理の徹底。
・県をまたぐ外出、感染拡大地域、特に愛知県との往来は慎重に。

岐阜県が県独自の「第2波非常事態」を発表。県内8つのクラスターのうち3つは名古屋由来
https://news.yahoo.co.jp/articles/209288655b0ae5575a94f6a445df1c04c070e82c

7月に入って新型コロナウイルスの感染者が急激に増えている岐阜県の古田肇知事は、県独自の「第2波非常事態」を発表。県民に名古屋などでの酒類を伴う飲食の回避を訴えました。
「あすから夏休み、その後お盆休み『GoTo』で人の動きが出るのを踏まえ、岐阜県独自にメッセージを発出した」(岐阜県 古田肇知事 午後1時半過ぎ)

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!