新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

福島県のモニタリングポスト撤去、65%の母親が反対に!放射能を懸念 今も福島原発からは放射能漏れが続く・・・ 

*モニタリング
国や原子力規制委員会が福島県内の放射線監視装置(モニタリングポスト)を撤去すると発表した問題について、多くの母親が反対していることが分かりました。

東京新聞によると、避難区域に隣接する九市町村に在住している母親を対象とした調査で、「反対」と「どちらかといえば反対」の回答が合わせて65%もあったとのことです。
反対の理由は79%が「線量が分かると安心」と回答しており、放射能汚染に不安があると言及していました。

東京電力は昨年に福島第一原発で放出された放射性物質の量が増加したと報告していることから、このような現状もモニタリングポストの撤去反対の意見を強めていると見られています。

撤去方針に「賛成」「どちらかといえば賛成」は合わせて36%で、こちらは50%が「放射線量は気にしていない」と回答。撤去反対が多数派となっていますが、3~4割の福島県民が放射能汚染を軽視している実態も見えてきたと言えるでしょう。

 

モニタリングポスト撤去 福島の母親65%反対
https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201903/CK2019031402000159.html

 東京電力福島第一原発事故で、避難区域に隣接する九市町村に住む母親を対象にした意識調査で、二〇二〇年度末までに福島県内の放射線監視装置(モニタリングポスト)の八割を撤去する国の方針に、「反対」「どちらかといえば反対」との回答が計65%に上った。賛成側の中には、設置が続くことによる風評被害の恐れを理由にする意見があり、いずれの立場でも放射線の影響を気に掛ける現状が浮かび上がった。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!