ヘッドライン

維新の長谷川豊氏「覚せい剤は用法用量を守ったらほぼ中毒出ません」⇒批判殺到で動画削除 ツイッターではバトルも

*長谷川豊チャンネル
維新の党の長谷川豊氏が問題発言をしたと話題になっています。

物議を醸しているのは長谷川豊氏が自身のYouTubeチャンネルに投稿した動画です。その動画の中で長谷川氏は「薬物は、風邪薬だって他のだって全部そうなんですけど、用法用量を守る必要性があって、覚せい剤の場合、用法用量を守ったら中毒はほぼ出ません。これは多くの人が誤解していることです」と述べ、コカインで逮捕されたピエール瀧さんについて独自の見解を力説していました。

日本維新の会は参議院議員通常選挙での比例区候補として長谷川氏を公認しており、政党の公認候補者がこのような発言をしているということもあって大炎上。後に動画を削除しますが、今も長谷川氏に対する怒りの声が相次いでいます。
長谷川氏は過去にも「自業自得の人工透析患者」などと暴言を連発し、東京MXのテレビ番組を降板したことがありました。

↓削除された問題の動画

 

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

ヘッドライン

   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    このオっちゃん、ウケ狙ってるんかなw
    用法容量を守れば合法になるんかいって話やろ!
    アホかいな ʅ(◞‿◟)ʃ

  • 匿名 より:

    覚醒剤って使う意味が分からんのだよなあ
    合法化して常時使えるようにしたいほど何かがつらいの?
    酒のほうが依存性があるとか悪いとかも見かけたけど
    うまい酒を飲むのよりいいものに思えないんだけど

  • 510 より:

    確かに、かつては商品名「ヒロポン」として市場に出回っていて、下記疾病・症状の改善
    ・・・ナルコレプシー、各種の昏睡、嗜眠、もうろう状態、インシュリンショック、うつ病・うつ状態、統合失調症の遅鈍症、手術中・手術後の虚脱状態からの回復促進及び麻酔からの覚せい促進、麻酔剤、睡眠剤の急性中毒の改善・・・とまあ万物に効くクスリだったようですが、長谷川氏はその頃のことを言わんとしようとしていたのでしょう。

    しかしもう時代が変わり、現代の世情とはまったく相いれない頓珍漢な意見だといえますね。

  • 匿名 より:

    アナウンサー崩れが。目立つ職業の経歴だから何かしら注目を浴びたい勘違いってのは良く分かるけど、あんたどれだけ関係者に迷惑かければ気が済むの?その後、維新などという組織に取り込まれ何をしてるかと思えば覚せい剤のABC的な糞説法ですか。何してるのあんた?少しは国民の為に働きなさいよ。華の芸能界にいた人間てどっちかなんだよね。紙一重かまともか。発信内容からして危険人物に間違いないですよこいつ。家族が可愛そうだね本当。

  • 匿名 より:

    維新はチンピラみたいなのばかりだ

  • リアルゴリラ より:

    そもそも覚醒剤の定められた守るべき用法用量とは?
    中毒症状が出なければ禁止薬物でもOKなの?
    ツッコミ所で一杯ですねー。
    ダメなものはダメ。 法律で決められた事は守る。 その法律を作る側の人間や党に属した人間が何故そんな当たり前の事が分からないのでしょうかねー? こういう一面でも今の政治に関わる人種の劣化が垣間見えますねー。

  • 匿名 より:

    もちろんどんな毒物でも、極々々々々々少量なら、害はほぼゼロになる。
    またヒ素のような超毒物でも極々々々々々々々少量は必須だったりするということもある。
    また、トリカブトのように、物によっては量をキチンとすれば薬として使えるものもある。
    でも、覚醒剤やコカインのような違法薬物を推奨してはいけない。
    危険性もだが、893などの資金源であることは周知の事実。

  • 匿名 より:

    久保さん相手にやたら威勢の良いことほざいてたようだけど、結局動画削除しちゃったのか。ずっと残しておけよ。腑抜けだなあ。

  • 匿名 より:

    メキシコでは、コカインを巡る抗争で日々死人が出てる。それが何を意味するか理解できていない。
    想像力の乏しい人間が如何に恐ろしいことか。

  • 匿名 より:

    昔流行った、人格改造マニュアルという本の記述まんまだな。鵜呑みにしてるのかな?

  • 匿名 より:

    腎フェやっちまったナリか・・・しかたないナリねえ・・・

  • 匿名 より:

    まさに維新クオリティー(呆)

  • 匿名 より:

    暇なんですなぁ。相手にしないほうが良い。

  • 匿名 より:

    893政治家の脳ってどんな認識で出来上がってるんだ?
    確かに一部の麻薬は言う程害がないといわれている物もあるのだろうが
    禁止された理由もちゃんとあるわけでな?
    覚醒剤なんて人体にはよろしくない代物なんだから、少量だろうとアウトやろ

  • 匿名 より:

    「覚せい剤は用法用量を守ったらほぼ中毒出ません」
    素人にそう言って覚せい剤に手を出させて中毒にしていくんだろう。
    長谷川のやってる事は売人の手口。
    長谷川自信もシ◎ブでもやってるんじゃねぇか?

  • 匿名 より:

    長谷川豊も山口敬之も、中毒なんじゃないかな。
    長谷川は、死ね発言に次ぐ非常識発言をした。そそのかし。
    山口は、自らの犯罪を性被害ビジネスという名に置き換えた。自白。
    こいつら隔離すべきだ。社会にいてはいけない人物。

  • 匿名 より:

    こいつこそラリってんな。(笑)

  • 匿名 より:

    ヒロポンは今でも処方されてますよ。
    特定の医用目的で、医師の適切な処方があれば、使えるものもあるということでしょうか。

  • 匿名 より:

    バラエティー番組よりはるかに楽しませてくれる昨今の政治家達。

  • 匿名 より:

    ちっとも楽しくないんだが

  • 匿名 より:

    むむ・・・またやったか w
    当該ようつべ見たいと思っていたら、下記の方が保存してくれていた。

    デュークBOX氏ツイ
    https://mobile.twitter.com/GINZABOX/status/1111912394844860417

    長谷川豊と維新、共に沈んでしまえばいい!

  • 匿名 より:

    所詮、産経グループ
    賞金稼ぎの元・フジテレビアナウンサー

  • 匿名 より:

    さまざまな被害妄想&オレは戦ってるハイ状態
    ・・・精神疾患ですよね。
    用量を守って覚醒剤処方してもらえば?

  • 匿名 より:

    目立つこと言おうと必死だな。でもいつも的外れで気持ち悪いことを言うか、水に落ちた犬を全力で叩きのめすかのどちらかしかしないようなやつに国会議員になる資格は無い。

  • 匿名 より:

    維新はろくな人間擁立しないな。
    代表からして元サラ金の顧問弁護士だろ?

  • 匿名 より:

    コカインの報道について僕たちが悩んだこと〔#018〕
    https://youtu.be/UczVoiS6j-k?t=456

    限定公開状態でリンク開けば普通見られるぞ。

  • 匿名 より:

    コカインの報道について僕たちが悩んだこと〔#018〕
    https://youtu.be/UczVoiS6j-k?t=222
    https://i.imgur.com/o3zZ4an.jpg

    覚せい剤の場合、用法用量を守ったら中毒はほぼ出ませんってはっきり言ってるぞ。

  • 匿名 より:

    長谷川が用法容量を守って覚醒剤を使用したら中毒が出なかったという事なのだろうか。

  • 匿名 より:

    「中毒」の意味合いの問題だね。酒やタバコもやめられない人を全て中毒だとは言わないからね。

  • 匿名 より:

    2019年4月1日 10:22 AM
    >酒やタバコもやめられない人を全て中毒だとは言わないからね。

    よくこんなウソ言えるな。やめられないって完全に依存症、中毒だぞ

  • より:

    この人は好きではないし、覚醒剤に興味もないけれど、この発言に対して根拠もなく否定するのは科学への否定じゃないの?
    例えば大麻などでも日本では極悪ドラッグとして見られているけれど、現実的に世界では嗜好品として扱われている場合が多いし、害は少ないとされている、
    覚醒剤は日本ではヒロポンとして1950年代まで合法だったし、サザエさんでも出てくるぐらい。
    その後、副作用もあり禁止になったが、どんなものでも使用量や使用頻度というものが存在し、これ以上摂取すると中毒になりますよ、副作用出ますよ、死にますよ、というのは明確にあるので、それを全く考慮せずに否定するのは間違ってるんじゃないの?

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next