ヘッドライン

自分の倉庫を勝手にショベルカーが破壊!?人気ブログ「GIGAZINE」の記事が話題に!法律の抜け道か?警察も止められず


日本トップクラスの人気ブログ・GIGAZINEさんが保有している倉庫が勝手に破壊されたと物議を醸しています。

GIGAZINEさんによると、大阪市西淀川区にあるGIGAZINE旧本社へ編集長たちが荷物を取りに行ったところ、全く事前連絡無しでGIGAZINEさんが保有していた第一倉庫がショベルカーで破壊されていたとのことです。編集長たちは即座に解体作業の中止を要請するも、業者側は「20分ほどで責任者が来るが、作業はそのまま続行しろと言われた」として作業を継続。

遂には警察まで呼ぶ事態になりますが、地主のYさんが「この土地は自分の持ち物である」「この建物は自分の持ち物である」「お前のものではない」などと主張し、GIGAZINE側と地主さん側で言い合いになったようです。最終的には警察官と仲介した不動産会社が仲裁に入り、地主さんんたちを撤収させて騒動は一段落したとなっています。

ただ、その後の説明で登記名義が『GIGAZINE編集長』になっているということは地主のYさんも不動産会社も承知していたことが発覚した上に、西淀川警察も「建造物損壊罪にはならない」と判断したと記事では伝えています。

どうやら、警察は「自動車でビルに突っ込んでくる」「建物を爆弾で爆破する」「壁面にスプレーで落書きする」ぐらいの故意性が無ければ動けないみたいで、今回の事例は「自分の土地の上にある建物を『返してもらった』と地主は思い込んで破壊しているので『故意性』がない」と判断して警察が動こなかったみたいです。

他にも何もない更地にしてしまえば「滅失登記の申出」によって登記を書き換えることができる制度があり、このような法律上の穴が放置されていることも発覚しました。この記事はFacebookやTwitterで1万回以上もシェアされ、多くの人たちが驚きの声を投稿しています。

まさに昔ながらの地上げ屋のような行為が今も続いている証拠だと言え、根本的な解決のためには法改正をしなければ難しそうな案件です。

 

ある日突然自分の建物を他人がショベルカーで破壊しても「建造物損壊」にはならないのか?
https://gigazine.net/news/20190329-gigazine-destruction/

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

ヘッドライン

   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    中国かな?
    >昔ながらの地上げ屋のような行為が今も続いている証拠だと言え
    地上げ屋のような人たちって安倍政権で良くなってると思って応援してるヤクザな人たちだろうなあ
    カルト宗教とともにやっぱ活発化してるのか

  • 匿名 より:

    何でもアベガーwwwwwwww

  • 匿名 より:

    この件に「カルト宗教」もクソもないのだが・・・コメントしている人は何か悪いきのこでも食ったのか?

  • 匿名 より:

    2019年3月30日 10:09 PM
    この件でなんてどこにも書いてないんだけど
    頭にキノコ生えてない?

  • 匿名 より:

    法律の穴を知っていて、駆使しているんやろなあ。
    いずれにしても、手慣れた感じ、がよく伝わってくる。
    地上げって、怖いなー。

  • 匿名 より:

    借地権の付いている建物を買ったらあかんってことだなあ。

  • 匿名 より:

    地上げ土建屋の最終手段として法の穴を残してる感じかな
    しかしGIGAZINEが何をした?

  • 匿名 より:

    記事本文見てきたけど
    これを器物破損が適用されないとか、刑事事件として扱うのも困難だとか
    警察無能すぎひん?

  • 匿名 より:

    これは法律家の意見を聞いてみたいな。沢山の考え方や現実を知って、知って置くべき世界が広がる事を望む。

  • 匿名 より:

    故意せいがないだと?だったらと登記してある書類をその救いようのない、解体業者の目の前に突き付けたら良い。こいつはまだ、夢の中らしい💤

  • 匿名 より:

    日本の法律は苔とカビ生えた中世以下の法律だからな
    特許・商法なんて100年以上前のレベル 世界から見たら笑われるw

  • 匿名 より:

    改憲のために日本をディスってるのかなな
    場所によっては愛国とか言ってるんだろう
    本当に変幻自在に嘘を付くカルト

  • 匿名 より:

    GIGAZINEの記事に登場する企業および関係が疑われる企業。

    パワーエステート株式会社:
    大阪市中央区日本橋1丁目18-1 日本一会舘 3F
    代表取締役 遠岳 一平

    日新プランニング株式会社:
    大阪府大阪市西区西本町1丁目2-19 AXIS本町ビル別館 3F・4F
    代表取締役 石脇 隆太郎

    株式会社如月興産:
    大阪府堺市堺区北三国ケ丘町5丁4-6 y.ビル 2F
    代表取締役 遠岳 泰彦

  • 匿名 より:

    「続・ある日突然自分の建物を他人がショベルカーで破壊しても「建造物損壊」にはならないのか?」というタイトルで続編が掲載されている。

    これまでとは別の業者が現れて、近所に「明日4月1日に解体工事を行う」と宣言し回っている模様。話題になったので、建物撤去を早急に既成事実化して滅失登記を済ませようとしていると思われる。
    警察はやる気なしどころか、近所に防犯カメラを設置している方がいることを知っていいて、普段ならすぐ設置者のところに来るのに、今回に限って防犯カメラの情報提供依頼や映像確認を行わない姿勢。
    西淀川借地借家人組合事務局長も、地主の手口は言語道断と言っている。

  • 匿名 より:

    「ある日突然無断で他人の建物をショベルカーで破壊する企業は「反社会的勢力」ではないのか?」というタイトルで続編が掲載されている。
    日新プランニング株式会社の顧問的存在と名乗るニイヤマ氏と、株式会社エムズ・ジャパンの加藤 哲氏 (宅地建物取引士) が登場。
    株式会社エムズ・ジャパンの取締役は、日新プランニング株式会社と同じ人。
    株式会社エムズ・ジャパンの加藤 哲氏は「反社会的勢力の排除に関する誓約書」への署名を拒否。
    KEISUI ART STUDIOに掲載されている加藤 哲氏名に名刺にある電話番号で検索すると、株式会社オフィスエムズがヒットする。

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next