新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

イギリスのEU離脱、EU側は「英議会の協定案承認」を交渉延期の条件に!来週が最終期限 下院が独自案可決も


イギリスのEU(欧州連合)離脱を巡る協議が難航しています。4月12日が交渉の最終期限となっていますが、イギリス議会の紛糾によって交渉は難航。イギリス側はEUに交渉の延期を打診しましたが、これを受け取ったEU側は「イギリス議会の協定案承認が前提条件になる」とコメントしています。

イギリスとしては協定案の承認をするための時間が欲しかったわけで、この時点で合意無き離脱の可能性が高まったと言えるでしょう。イギリス議会の下院は「合意なき離脱」を阻止する法案を僅差で可決し、合意無き離脱は認めないとしています。

一方で、イギリスのメイ首相は最大野党・労働党のコービン党首と会談を行いましたが、具体的な結論は出ませんでした。離脱派と反離脱派に加えて、与野党対立や民族問題も入り乱れた状態のまま、イギリスは最終期限の4月12日を迎えようとしています。

 

英下院「合意なき離脱」阻止する法案僅差で可決-与野党協議続く
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-04-03/PPERPI6KLVR401?srnd=cojp-v2

英下院は3日、欧州連合(EU)からの「合意なき離脱」を阻止する法案を僅差で可決した。与党保守党内の離脱強硬派は、来週にも合意がないままEUを離脱すること望んでいたが、議会はこれを拒否した。
メイ首相が反対した同法案は賛成313、反対312のわずか1票差ながら賛成多数で下院を通過し、4日の手続き完了を目指し上院に送られる。

「結論は出なかった」 EU離脱めぐる英党首会議続く、下院は独自に法案通過
https://www.bbc.com/japanese/47810277

イギリスのテリーザ・メイ首相は3日、最大野党・労働党のジェレミー・コービン党首と新しい欧州連合(EU)離脱計画をまとめるための協議を行った。協議は「建設的」だったとされているが、コービン党首は「結論は出なかった」と述べた。


●以下、ネットの反応


●管理人コメント
先日のメイ首相と野党の協議で大きな合意が無かったことから、4月12日までに協定案を承認するのは絶望的になったと見ています。メイ首相と野党で合意したとしても、協定案は多数ある上に、与党内部でも意見が割れているのです。
それに加えてアイルランドのような民族・歴史問題が絡んでいるわけで、誰にもまとめることは出来ないと言えるでしょう。

最後の切り札はエリザベス女王の拒否権ですが、これを含めてイギリスがどうなるのか注目です。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!