自民党が健康保険や年金の加入範囲拡大を提言へ 「雇用形態を問わず、全ての人を健保・厚生年金に」

*自民党部会
自民党が正式に健康保険や厚生年金の加入範囲を拡大させるようにまとめた提言を提出しました。

この提言は自民党の小泉進次郎厚生労働部会長が事務局長を務める作業チームがまとめた物で、「社会保障制度の持続可能性を高めるためには働くことを阻害する壁を撤廃し、経済の担い手を増やす必要がある」として、健康保険や年金の加入範囲を広げるべきだと主張。
具体的な対策として、企業で働く人は雇用形態を問わず、健康保険や厚生年金に加入できるようにして、安心して働ける環境を整備するように提案しています。

しばらく前から政府は「全世代型の社会保障制度」として年金の負担範囲拡大も検討していましたが、そのような方針が盛り込まれた提言だと言えるでしょう。

 

自民 「雇用形態問わず健保・厚生年金 加入できるように」提言
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190418/k10011888081000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

持続可能な社会保障制度の構築には、経済の担い手を増やす必要があるとして、自民党の作業チームは、企業で働く人は雇用形態を問わず、健康保険や厚生年金に加入できるようにすることなどを求める提言を正式にまとめました。


●以下、ネットの反応


●管理人コメント
前の記事で紹介したように、政府は年金や健康保険の負担範囲を増やして、同時に支給額を減らすことで現在の社会保障制度を強引に維持しようとしています。

政府の余裕が無くなってきたのでこうなるのは仕方がないですが、何処かで大きく方針を変えなければ、このまま日本全体が地盤沈下して消えることになるでしょう。今なら色々と最新技術もあるわけで、もう少し本気で負担以外の面で社会保障の立て直しをして欲しいと思っています。

 

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next
   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    4月1日の外国人労働者受け入れ拡大の報道で、新元号騒動の陰で、
    「外国人も健保・厚生年金の掛け金を必ず払うことが受け入れの条件」
    と、そ〜〜っと報道していましたよ
    さすがに「保険・年金の破綻はマズイ」という自覚はあるらしく、必死で誤魔化す決意
    とにかく頭数を増やしたいらしい

  • 匿名 より:

    3年で雇い止めになる派遣は?

  • 匿名 より:

    年金基金を焦げ付かせたのは、誰?
    その払った年金は日本人に支払われず、アメリカ様の株購入に使われるんだろ。

  • 510 より:

    「企業で働く人は雇用形態を問わず、健康保険や厚生年金に加入できるようにして、安心して働ける環境を整備するように提案しています。」

    人を雇う企業としては当然の処置だと思います。会社と折半で支払う健康保険や厚生年金はともかく、雇用保険・労働保険なんかもしっかりと加入して労働者の福利厚生はきちんとしなくてはならないと思います。

    話題は少し違いますが、これは外国人労働者にとっても同じことです。無保険の「ブラック企業」があっては困ります。加入させなくてはならないものはしっかり加入させるべきですね。

    ※僕もこの辺の労務関係は少しばかり仕事を担当してましたので・・・

  • 匿名 より:

    外国人労働者の保護のために保険・年金を ← わかる
    保険・年金の保護のために外国人労働者を ←え・・

  • 匿名 より:

    外国人労働者が健康保険に入るメリットはあっても年金納める意味はないよね
    生涯日本に住むなら別だけど
    というか健康保険よりも外国労働者向け保険を作って運用した方が多分良いよね
    厚生年金に誰でも入れるようになるのは別に良いけど
    捉え方によっては全員強制参加とも見えるわけで
    馬鹿が進言してるだけあって色々怖い

  • 匿名 より:

    知っている例だと歯科治療目当てで日本で働いて、保険で通いつめていましたよ
    口コミで「日本で働いたら、安く歯科治療ができる」と広まっていて、団体で通っていました
    あと、現状では母国の家族も保険の対象ですが、これは2020年から原則として国内居住者に限定の予定、しかし1日に施行された「特定技能2号」では家族の帯同が可能なので対象です
    現在外国人の医療費未払いが増加中ですが、改善策なし
    昨年、医療費(43兆円)の不足分を年金資金から取り崩したというのに、割と見切り発車な予感
    本人もしくは家族の医療目当ての就労は増えそう

  • ロハスな人 より:

    2019年4月18日 9:20 PMさん>
    「外国人も健保・厚生年金の掛け金を必ず払うことが受け入れの条件」>
     日本人だけでなく、安価な労働力として搾取してきた海外の移民の人達からさらに搾取しようという目論みですね。
    ※海外からの労働者さんや普通の労働者の『最低賃金を大きく上げる』政策と一緒にやるならすばらしい政策になるのですが…。
     タックスヘイブン課税や『株式配当金への課税負担増』などで、『富裕層への負担を増やせ』ば政府の財政状況は簡単に改善するのですが、それは安倍政権は絶対にやろうとしませんね。
     さすがは既得権層の既得権層による既得権層のための政権ですね。

  • 匿名 より:

    普通に考えると良い政策といえる。
    しかし現在の70歳以上の人が適用事業所で働く場合事業主の承認が得られた場合を除き保険料を全額自己負担となり同じように適用されれば改悪となる。
    これは保険料の事業主負担を無くす方向へ進むとみるべきでは?
    一方外国人の場合現在でも日本で6カ月以上働いて厚生年金を納めた場合脱退一時金制度があり一時金として受けとることができ大きな影響は受けないだろう。

  • 匿名 より:

    現政権は私利私欲の塊の様な鬼畜ですから日本国民からは奪うばかりで再分配するなんて全く眼中に無い。 どこまで茹でガエル状態の日本人は夢見る乙女なんだ?

  • 匿名 より:

    今の高齢者の貧困はまさに自己責任。あの高度経済成長期になにやってたの?高齢者はとっとと切り捨てて若い世代(特に就職氷河期の世代)の救済を考えてほしい。

  • 匿名 より:

    >高齢者はとっとと切り捨てて若い世代(特に就職氷河期の世代)の救済を考えてほしい。

    あんたもいずれは年を取るんだよ。それだけは覚えときな。

  • 匿名 より:

    強制徴収だね。

  • 匿名 より:

    普通に考えて良い政策だが、極端な話、主婦が週一の短時間のみ企業で働くケースとか増えないか。
    派遣会社に籍を置いて月1で単発の仕事入れるとか。
    こんな人増えると派遣会社がシワ寄せ食らうから竹中平蔵が抜け道考えてそう。
    厚生年金に入れたら受取額も増えるし保険料の半額は会社持ち。
    これまでは妻が夫の扶養内でパートで働けば夫の扶養手当や税金優遇のメリットがある、その代わりに厚生年金でなく国民年金加入という人が多かったと思う。
    扶養内で働いても厚生年金入れるのなら、敢えて扶養を出て働くメリットって減ると思うが。
    労働者にとっては短時間パート希望が増えて、会社にとっては派遣会社から採りたい、もしくはフルタイム非正規で雇いたいといったところか。

  • 匿名 より:

    単に国保や厚生年金の財源確保のためだろう。制度存続のための一時しのぎにおもえる。

  • 匿名 より:

    外国人の在留期間の無期限の延期(実質永住)の条件がゆるゆるになって、永住を積極的に推進していたのは、それもあったのね
    日本人と結婚した中国人は、母国の政策への反発?からか、子供をたくさん産む傾向があるから、少子化対策にもなるし、本人は一人っ子だから両親・祖父母も呼び寄せ可能で、海外でショッキングに報道されるほどの急激な人口減も、しばらくは誤魔化せるし