新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【悲報】安倍首相、国会でルイ14世とルイ16世を間違って答弁してしまう・・・


安倍晋三首相が国会でルイ14世とルイ16世を間違って答弁する場面がありました。

5月22日の衆議院厚生労働委員会で共産党の宮本徹議員が検察官らの意見書を読み上げ、その中に書いてあった「フランスの絶対王政に君臨したルイ14世を彷彿(ほうふつ)とさせる」と指摘したところ、安倍首相は「ルイ16世と同じとまで言われるとですね、多く人は違うのではないかと思うと思います」「選挙において決められたわけで、共産党はわかりませんが」と発言。
国会答弁の残り時間が迫っていたことから、このやり取りは即座に終了となりましたが、答弁を聴いた視聴者からは驚きの声が相次いでいました。

ルイ14世はフランスで絶対王政を確立した人物で、安倍首相が思わず言ってしまったルイ16世はフランス革命で殺害された人物となっています。
歴史的にもかなり境遇が異なる人物だと言え、これを間違えてしまうのは教養的な面で不安を感じるところです。

 

【意見書全文】首相は「朕は国家」のルイ14世を彷彿
https://www.asahi.com/articles/ASN5H4RTHN5HUTIL027.html

本年2月13日衆議院本会議で、安倍総理大臣は「検察官にも国家公務員法の適用があると従来の解釈を変更することにした」旨述べた。これは、本来国会の権限である法律改正の手続きを経ずに内閣による解釈だけで法律の解釈運用を変更したという宣言であって、フランスの絶対王制を確立し君臨したルイ14世の言葉として伝えられる「朕(ちん)は国家である」との中世の亡霊のような言葉を彷彿(ほうふつ)とさせるような姿勢であり、近代国家の基本理念である三権分立主義の否定にもつながりかねない危険性を含んでいる。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!