増税見直しの萩生田発言が波紋!商工会議所は反発!野党も追求の方針 麻生財務相「予定通り」


先日にネット番組の中で安倍総理大臣の側近である自民党の萩生田幹事長代行が消費増税の見直しを示唆しましたが、その発言が物議を醸しています。日本商工会議所の三村明夫会頭は「ちょっと信じられない」とコメントし、増税のために色々と準備している企業に大きな問題が出ると指摘。
野党からも政府の経済認識を問いただす声が相次ぎ、速やかな予算委員会の開催を求める意見が飛び交っています。

このような反応について麻生太郎財務相は記者会見で「リーマンショックのような出来事が起きないかぎり、これまで申し上げてきたどおりだ」と述べ、増税路線は変わってないと強調していました。

今回の萩生田氏の発言は官邸と連携した観測気球だと見られ、消費増税の延期に対する世論の動向を見極める狙いがあると思われます。

 

麻生財務相 消費税率「リーマン級ないかぎり予定どおり」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190419/k10011889221000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_006

消費税率の引き上げについて、自民党の萩生田幹事長代行が景気の動向次第では延期もありえるという認識を示したことを受けて、麻生副総理兼財務大臣は閣議の後の記者会見で、リーマンショックのような経済危機が起きないかぎり、予定どおり引き上げる考えを重ねて示しました。

 

関連過去記事

自民党の萩生田幹事長代行、消費増税延期を示唆!「日銀の短観次第ではあり得る」
https://johosokuhou.com/2019/04/18/13921/

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next
   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    まあ、選挙前だからなあ。
    こういう発言の後、つまり消費税増税はないと期待させておいて、
    やっぱり増税となれば、いろいろと影響もありそうな気もするが。
    >『増税路線は変わってないと強調』
    増税撤回で票を稼ぎ、その後に増税もありそうだが。
    とにかく政治、選挙とは別に、はっきりするまで生活面では増税があるものとして考えておいた方が良いだろうね。

  • 匿名 より:

    オオカミ少年:「オオカミが来た」と叫んでは村人を驚かし、誰も少年を信じなくなった
    消費増税少年:「消費税を上げる」を叫んでは国民を驚かし、誰も政府を信じなくなった

  • 匿名 より:

    確かに。

    萩生田氏の言うこともいちいちもっともだと思うので、消費税増税は再度の延期もありそう。

    だけど、実際は「リーマン級のことがない限り消費増税は実施する」とのことですから、我々はむしろ来るべき増税に備えて準備していたほうがよさそうですね。

  • 匿名 より:

    昨日今日、増税延期の可能性というネットテレビでの萩生田発言をNHKが何度も取り上げたり、官邸の打ち消しの会見を何度もニュースにしたりしているけど、官邸が萩生田を叱ったなんていうニュースはない。
    どうもこれは、増税延期の可能性を党幹部が匂わせたというのではないように思える。そして当然これは、一部で言われているような観測気球なんかではない。
    最近、「れいわ新選組」が旗揚げし消費税減税を訴えている。また、増税を延期するのではないかという一部ウォッチャーの情報があちこちで流れ始めている。
    そればかりか、政権の作戦を見透かしたかのような匿名記事も出てきた。
    https://iwj.co.jp/wj/open/archives/446899
    世間に減税(延期)の期待が高まれば、当初目論んでいた衆参同時選挙を打つために必須の口実である増税延期(或いは8から5%への減税)について突然に国民の信を問うというサプライズ作戦が十分効果を発揮しない。そこで今「リーマン級の事態が無い限り増税する。」を世間に印象づけておきたかったのである。
    繰り返すが、今回の萩生田発言から官房長官の会見への流れは、今ここで「消費増税は予定通り」という官邸の方針を予め大々的に世間に広めようとして仕組んだ芝居臭い。萩生田発言は官房長官の否定発言をニュースに載せるための布石だったのだ。
    今、増税延期(或いは8から5%への減税)を打ち消し増税は既定路線と国民に印象づけておくことは、夏の参院選を衆参同時選にする衆院解散の口実を劇的に効果的たらしめるための布石なのだ。
    ただ、結果は政権の目論見通りとは行かず、天皇皇后の伊勢神宮参拝のニュースが被ってしまい、政治に関心のある層以外には浸透不足となってしまったようだ(そのため、余計TVニュースでしつこく流させているのかもしれない。)。

  • 匿名 より:

    野党は消費税5%に引き下げるで共闘すべき。