新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

3月の実質賃金、前年比2.5%減で大幅に下落!不正統計問題の計算見直しで変化か 2015年以来の低下幅に!


5月10日に厚生労働省が発表した実質賃金が大幅に下落していることが分かりました。

厚生労働省が発表した3月の毎月勤労統計調査(従業員5人以上)によると、物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月比でマイナス2.5%となり、2015年6月以来の大幅な下落を記録したとのことです。
不正統計問題で対象となる事業所を修正したことから、その影響が数字に出たと見られています。

また、1月から3月に物価上昇も影響があったと推測され、賃金の低迷に加える形で国民生活が圧迫されているのが分かると言えるでしょう。

 

3月の実質賃金、前年比2.5%減 2015年6月以来の下げ幅 毎月勤労統計
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL09HTE_Z00C19A5000000/

厚生労働省が10日発表した3月の毎月勤労統計調査(速報、従業員5人以上)によると、物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月比2.5%減少した。2015年6月以来3年9カ月ぶりの低下幅となる。相対的に賃金が低いパートタイム労働者の比率が増加したことが減少につながった。

毎月勤労統計調査 平成31年3月分結果速報
https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/monthly/31/3103p/3103p.html

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!