新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

ドル円が4ヶ月ぶりに1ドル=108円台に!メキシコ関税で世界の株価急落!日経平均も2万1000円台割れ、円高&株安傾向


株価と為替が急変しています。先日の欧州議会選挙でEU懐疑派が議席を伸ばしたことに加えて、米中貿易戦争の激化やアメリカがメキシコへの関税を上乗せすると発表したことで、世界的に株価が急落。日経平均株価は2万1000円台割れとなり、現在は2万600円程度の水準となっています。

そして、この株価急落に合わせる形で円高が進み、およそ4ヶ月ぶりに1ドル=108円となりました。メキシコへの関税上乗せが発動となった場合、メキシコ経済は大打撃を受ける見通しで、メキシコの通貨も大暴落することになると予想されています。

 

日経平均株価 リアルタイムチャート
https://nikkei225jp.com/chart/

東京市場 一時1ドル=108円台に 4か月ぶり円高水準
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190531/k10011936311000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_010

31日の東京外国為替市場、円相場は一時、1ドル=108円台に値上がりし、およそ4か月ぶりの円高ドル安水準になっています。
アメリカのトランプ大統領がメキシコからの輸入品に関税を上乗せすると発表し、市場の警戒感が高まって円が買われています。

株価大幅下落 米の対メキシコ関税上乗せで売り注文広がる
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190531/k10011936331000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_012

31日の東京株式市場、株価は大きく値下がりしました。アメリカのトランプ大統領がメキシコからの輸入品に関税を上乗せすると発表し、自動車関連の銘柄などに売り注文が広がりました。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!