新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【凄い】れいわ新選組に228万票、無党派層の1割が流れる!ほぼネットと街頭演説のみで旋風!与野党から驚きの声


山本太郎氏のれいわ新選組に無党派層の約1割が流れ込んでいたことが分かりました。

今回の参議院選挙でれいわ新選組は228万票を獲得し、その大半が無党派層だと判明。ANNや朝日新聞の出口調査によると、れいわ新選組に無党派層の1割が票を投じていたとのことです。
無党派層の獲得率ならば野党の中でも上位に入ると言え、与野党かられいわ新選組の跳躍に驚きの声が相次いでいます。

ただ、最大野党の立憲民主党は平成29年の衆院選から約316万票も減らしていたことから、れいわ新選組に票を吸われたと指摘する声もあるところです。立民の福山哲郎幹事長は記者会見で「(れいわは)政権批判票を受け止めた。国会でどのような活動をするのかを注視していきたい」とコメントし、れいわ新選組の活動に注目すると強調していました。

れいわ新選組はマスコミが取り上げなかったことでネットと街頭演説がメインとなりましたが、それでも大きく票を伸ばせた点は特筆するべきだと言えるでしょう。次の衆議院選挙では政党としてマスメディアも取り上げるようになるわけで、更に跳躍する可能性が高いです。

 

れいわ、40代以下からの支持が6割 朝日出口調査
https://www.asahi.com/articles/ASM7M63N5M7MUZPS00G.html

投開票日の21日に実施した出口調査では、回答した人の5%が比例区の投票先に「れいわ」を挙げた。無党派層に限ると、10%がれいわを選んでおり、公明、国民、共産、社民を上回っていた。ただ、無党派層の自民と公明への支持は前回の参院選から大きく変わっておらず、比例区でれいわが支持を広げた背景には、ほかの野党支持層の流入があったとみられる。

立憲、躍進れいわ警戒 左派票・議員流出も懸念
https://www.sankei.com/politics/news/190722/plt1907220204-n1.html

それだけに立民はれいわの躍進に驚きを隠せず、神経をとがらせている。今回の参院選でれいわは比例で約228万票を獲得する一方、立民は平成29年の衆院選の約1100万票から約316万票減らした。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!