新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

「表現の不自由展」での慰安婦像問題、韓国メディアが報道!運営に脅迫行為も!日本ペンクラブは懸念表明


愛知県で行われている国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」の展示コーナー「表現の不自由展」に慰安婦問題の少女像などが設置されていた問題で、韓国メディアが日韓関係を象徴する出来事だとして大々的に報道しています。

韓国版NHKである公共放送の「KBS」は「日本で『平和の少女像』の展示が3日間で中断された」と速報で報道。通信社の連合ニュースも制作者の言葉を紹介する形で、「少女像の撤去は日本がみずから『表現の不自由』を宣言したのと同じだ」とのコメントを紹介していました。

今回の騒動では会場の運営に「撤去しなければガソリン携行缶を持ってお邪魔する」などとテロ行為を示唆する脅迫のメールや電話が相次ぎ、これが中止に繋がったと見られています。芸術祭の実行委員会の会長を務める大村知事は「今回のことは残念だ。脅迫の電話やメールなど、あってはならないことが起きたことを国民にも知ってもらいたい」と述べ、会場の安全のためにやむを得ない対応だったと強調していました。

日本ペンクラブからも「表現の自由を萎縮させる」などと懸念の声明が発表され、現在進行系で物議を醸しているところです。

「自由の気風 萎縮させる」日本ペンクラブ 少女像展示中止に
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190803/k10012020681000.html?utm_int=news_contents_news-main_002

愛知県の国際芸術祭で展示されている慰安婦問題を象徴する少女像の展示を中止すると芸術祭の実行委員会が発表したことについて、日本ペンクラブは3日、ホームページで、自由の気風を萎縮させるなどとする声明を発表しました。

慰安婦問題像 展示中止「脅迫の電話やメール 安全運営に危惧」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190803/k10012020531000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_011

愛知県の国際芸術祭で展示されている慰安婦問題を象徴する少女像について、芸術祭の実行委員会は3日かぎりで展示を中止すると発表しました。愛知県の大村知事は「テロ予告や脅迫と取れるような電話やメールが来ている。あってはならないことが起きたことを、国民にも知ってもらいたい」と述べました。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!