新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

批判殺到で「表現の不自由展」が中止に!少女像などで抗議が相次ぐ!津田大介氏が謝罪 あいちトリエンナーレ2019


愛知県で行われている国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」に展示されていた「表現の不自由展」が中止となりました。中止が決まったのは慰安婦問題を象徴する少女像や昭和天皇の燃える映像などを展示していた「表現の不自由展」です。
ネットをキッカケにして批判の声が相次ぎ、税金を10億円も投入していることもあって、市民から見直しや中止を求める声が殺到していました。

津田大介芸術監督は「リスクの想定、必要な対応は識者にも話を聞いてきたが、想定を超える事態が起こったことを謝罪する。僕の責任であります」と述べ、予想を超える規模の批判があったとコメントしています。
名古屋市の河村たかし市長も「日本国民の心を踏みにじる行為」として、実行委員会会長である大村秀章・愛知県知事に抗議文を提出。市民と行政の双方から批判があったことで展示の見直しに踏み切った形です。

一方で、自民党の山田太郎議員などからは「今回はクローズドな場所でのこと。公権力が表現を発することを中止させてはなりません」などと懸念の声も見られ、現在進行系で展示の中止を巡って議論になっています。

 

「表現の不自由展」中止に 少女像作品めぐり抗議が殺到
https://www.asahi.com/articles/ASM833DC1M83OIPE003.html?iref=com_flash

愛知県内で開かれている国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」(津田大介芸術監督)の実行委員会は3日、企画展「表現の不自由展・その後」の中止を決めた。慰安婦を表現した少女像など、各地の美術館から撤去されるなどした二十数点を展示しているが、抗議の電話が殺到するなどしていた。

津田大介氏が謝罪「想定を超えた。僕の責任であります」
https://www.asahi.com/articles/ASM8363X3M83OIPE028.html

愛知県内で開かれている国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の芸術監督を務めるジャーナリストの津田大介氏は3日記者会見し、中止を決めた「表現の不自由展・その後」について、「リスクの想定、必要な対応は識者にも話を聞いてきたが、想定を超える事態が起こったことを謝罪する。僕の責任であります」と述べた。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!