新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

安倍晋三首相、韓国への不快感を表明!日韓請求権協定の順守を強く要請!「韓国は協定を守っていない」

*官邸
8月6日の記者会見で安倍晋三首相が韓国への不快感を表明しました。
徴用工問題やホワイト国除名で対立が激化している韓国について安倍首相は「韓国には日韓請求権協定をはじめ、国と国との関係の根本に関わる約束をまずはきちんと守ってほしい」と述べ、韓国の姿勢に疑問を投げ掛けます。

その上で、現在の状況では文在寅大統領との会談には応じられないとして、韓国に対応改善を強く求めていました。

日韓請求権協定は1965年に日韓両政府が合意した協定で、徴用工問題などを「解決済み」として個人の請求権破棄などを定めています。韓国側は最高裁が従来見解を覆し、請求権協定で「解決済み」とされた個人の請求権を認定。
これをキッカケにして日本と韓国の対立が激化し、今のような関係となっています。

 

安倍首相、日韓会談は約束履行が条件=対立の長期化必至
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190807-00000008-jij-pol

首相は6日、広島市内で記者会見に臨んだ。文氏と対話する意思を問われると、「韓国には日韓請求権協定をはじめ、国と国との関係の根本に関わる約束をまずはきちんと守ってほしい」と述べ、約束を履行するのが先決との立場を強調した。北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長に無条件での会談を呼び掛けているのとは対照的だ。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!