新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

東京電力が廃炉条件に原発再稼働を提案!「柏崎刈羽原発の6・7号機が再稼働した後に、1基以上の廃炉想定」

*原発
柏崎刈羽原発(新潟県柏崎市)について、東京電力が廃炉の条件に原発再稼働を提示したことが分かりました。

報道記事によると、東京電力の小早川智明社長が新潟県柏崎市役所を訪れ、桜井雅浩市長に「6、7号機が再稼働した後5年以内に、1~5号機のうち1基以上で廃炉も想定したステップを踏む」と述べ、再稼働と廃炉をセットで提案したとのことです。
東電としては古い原発の廃炉だけでは費用を回収するのが厳しいことから、原発再稼働とセットで提示することで経営再建を促進する狙いがあると見られています。

ただ、再稼働が前提条件となっていることに住民側の不安は根強く、東電側が再稼働後に廃炉の約束を反故にする可能性もあると言えるでしょう。最初の時点だと1~5号機の全てが廃炉というような話だったわけで、このような東電の動きは非常に違和感があるところです。

 

柏崎刈羽原発「1基以上の廃炉想定」 東電が方針伝える
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190826-00000010-asahi-bus_all

東京電力ホールディングスの小早川智明社長が26日、新潟県柏崎市役所を訪れ、柏崎刈羽原発(同県柏崎市、刈羽村)について、「6、7号機が再稼働した後5年以内に、1~5号機のうち1基以上で廃炉も想定したステップを踏む」と桜井雅浩市長に伝えた。桜井市長は「東電としてできる限りの提案をしてもらった。誠意、姿勢を評価します」と話した。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!