ヘッドライン

京急線の復旧作業、重要な作業の山場を超える!脱線車両の移動開始!復旧は7日昼ごろにずれ込む


9月6日夜に横浜市の京急線で衝突事故を引き起こした車両の重要な作業が完了しました。
作業は夜通しで行われ、下り線で脱線した車両を上り本線に戻す作業が終了し、人力で移動することが出来るような状態になっています。壊れた車両を線路に戻したことで復旧作業が加速することになり、明日には運転再開が出来る見通しになりました。

ただ、当初に予定されていた始発の完全復旧には間に合わない見通しで、早くても明日の昼ごろに復旧すると発表されています。

 

京急線 復旧は7日昼ごろにずれ込む見通し
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190906/k10012067421000.html

5日、横浜市の京急線の踏切で電車が大型トラックと衝突して脱線した事故で、京急は、7日始発からの運転再開を目指すとしていましたが、車両の運び出しに時間がかかっているとして、運転再開は7日の昼ごろにずれ込む見通しだということです。

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

ヘッドライン

   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    トラックを踏み切り渡らせる誘導してた
    京急社員達や遮断機上げてくれてた通行人達が心配
    運転手と話してたし
    狭い線路で復旧なんて簡単じゃないです
    線路の状況も解らない

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next