新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

「サル痘」の緊急事態宣言は見送りに!世界50ヶ国以上で3000人以上の感染 WHO


*WHO
6月26日にWHO(世界保健機関)は天然痘の一種である感染症「サル痘」について、現時点での緊急事態宣言を見送ると表明しました。

NHKの記事によると、WHOは世界50ヶ国に感染が拡大したサル痘への対応を協議し、その中で緊急事態宣言の発令を見送ると同時に、引き続き状況を注意深く監視しながら、世界各国に対応を促す方向で一致したとのことです。
緊急事態宣言の発令は状況に応じて再検討する可能性もあるとして、サル痘が短期間で一気に拡大したのは異例だとする報告書をまとめていました。

別の調査報告だと、2018年から2019年に確認されたウイルスと比べて変異箇所が増えているとの情報もあり、これからサル痘がさらに拡大するのかどうか注意が必要だと言えるでしょう。

 

WHO 「サル痘」は緊急事態にはあたらずと発表
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220626/k10013688861000.html

欧米などを中心に報告が相次ぐ「サル痘」について、WHO=世界保健機関は専門家による緊急の委員会を招集し「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」にあたるかどうか協議しましたが、25日、現時点では緊急事態にはあたらないと判断したと発表しました。
欧米などでは「サル痘」の報告が相次いでいて、アメリカCDC=疾病対策センターのまとめでは今月24日までに「サル痘」が定着していない47の国と地域で、4106人の感染者が確認されています。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!