新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【厳重警戒】台風15号が最強クラスの勢力に拡大!JR東日本は始発から首都圏在来線を全て運休!


首都圏に接近中の台風15号が最強クラスの勢力に急成長しました。

気象庁によると、9月8日夕方の時点で台風15号は伊豆諸島南部の一部を暴風域に巻き込みながら北上しており、今の進路だと8日深夜から9日早朝に首都圏と接触するとのことです。
台風15号の勢力は中心気圧が965ヘクトパスカル、最大瞬間風速は60メートルで、中心から半径90キロ以内では風速35メートル以上の暴風となっています。

この強い台風の接近によって、JR東日本は首都圏の全域で9日の始発から在来線を全て運休にすると表明。台風の上陸前に始発から全路線の運休を発表するのは初で、首都圏の交通網が事実上の停止状態となる見通しです。
気象庁は過去最強クラスの台風だとして、首都圏を中心に台風の進路上では厳重警戒をするように呼び掛けています。

 

気象庁 台風情報
https://www.jma.go.jp/jp/highresorad/

台風15号は「関東上陸では最強クラス」の可能性 気象庁「接近とともに世界が変わる」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190908-00010000-wordleaf-soci

■昨年の台風21号並みの強風被害の恐れも
強い台風15号が首都圏に接近している。強い勢力を維持したまま、8日夜遅くから9日明け方には関東地方または静岡県に上陸、9日昼前にかけて関東甲信地方を通過する見込みだ。
気象庁は8日午前11時から記者会見を開き、中村直治予報官が「関東を直撃する台風としては、これまでで最強クラスといっていい。記録的な暴風となる恐れがあるので、風が強まる前に、早め早めの避難や安全確保を」と警戒を呼びかけた。

JR 首都圏の在来線 あす始発から運休
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190908/k10012069141000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

JR東日本によりますと、台風15号の影響で、JRの首都圏の在来線は、9日の始発から午前8時まで、すべての路線で運休することを決めました。
JR東日本によりますと、9日の始発から午前8時ごろまで運転を見合わせるのは、
▽山手線、
▽京浜東北・根岸線、
▽東海道線、
▽横須賀線、
▽総武快速線、
▽中央快速線、
▽中央・総武線、
▽中央本線、
▽埼京線、
▽川越線、
▽宇都宮線、
▽高崎線、
▽常磐線、
▽成田線、
▽武蔵野線、
▽南武線、
▽横浜線、
▽相模線、
▽青梅線、
▽五日市線、
▽八高線、
▽京葉線、
▽鶴見線、
▽伊東線のいずれも全線です。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!